お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

夫の本音! 正直、仕事から帰ってきて妻が○○してるとイラつく? 

ファナティック

人は自分が大変な思いをしているときに、余裕がある人を見るとイライラしてしまう傾向があります。外で働いてくる男性は、家で自由な時間を楽しんでいる奥さんを見たとき、どのように感じているのでしょうか。社会人の男性に本音を教えてもらいました。

奥さんも自分の時間を楽しむべき

・「イラつかない。お互いにそれぞれの時間も必要だと思うから」(40歳以上/小売店/販売職・サービス系)

・「別にイラつかない。ひとりでいるときくらいは、好きにしたらいいと思うから」(33歳/小売店/事務系専門職)

奥さんが専業主婦の場合は、働く場所もリラックスする場所も家庭内になります。家庭内でリラックスする時間を持てないとなると、ひとりの時間を楽しむことができず、ストレスがたまってしまいそうですね。

それが家での過ごし方

・「別にイラつかない。家で電話やテレビがダメならどこですればいいのか」(23歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

むしろそれが家でのまっとうな過ごし方だという意見も。旦那さんの帰宅時間を無視して外に出歩かれることを考えると、家でテレビを見てくれていた方がいいという考え方もありますね。

自分の仕事を終えていることが条件

・「ご飯の支度や家事をしていなくて、それをされたらイライラする」(28歳/運輸・倉庫/その他)

・「自分の家事が終わっているなら、何も思いません」(33歳/団体・公益法人・官公庁/営業職)

家でゆったりと過ごしているのは問題はないのですが、あくまでも自分の仕事を終えていることが前提だと考える人も。何もせずにただ電話したりテレビを見て過ごしているのは、ただの怠慢になってしまいますね。

完全無視はやめてほしい

・「まったく無視した状態で電話をされていると、頭にくる」(38歳/金融・証券/営業職)

・「帰ってきたときは、なるべく出迎えてほしいので残念に思う」(28歳/その他/その他)

奥さんからの「おかえり」がないと、悲しくなってしまう男性も多いよう。旦那さんが帰ってきたこともスルーして、電話やテレビに夢中になっているのは考えものかも。

仕事後の息抜きは必要

・「別に思わない。お互いに疲れているのだし、息抜きは必要だと思う」(37歳/電力・ガス・石油/事務系専門職)

・「気晴らしは必要だと思うのでイラつかない」(29歳/機械・精密機器/技術職)

適度に息抜きをすることでストレスを発散でき、無駄な口論を防ぐこともできます。奥さんの息抜きする時間を奪ってしまうと、自分自身も休息できなくなるかもしれません。

メリハリが大切

・「イラつかない。普段ものすごくがんばっているのを知ってるので、むしろ安心する」(36歳/学校・教育関連/専門職)

いつも奥さんのがんばりを見ている、うらやましい旦那さんの意見です。そんなに根つめないで…… と心配している旦那さんのやさしさが伝わってきますね。

まとめ

自分は外でがんばって働いてきているというのに、家でグダグダ過ごしているとは何事だ! と怒りを覚える男性は少ないようですが、それはあくまでも息抜きとして電話やテレビを見ている場合の話。いつもその調子では旦那さんもストレスがたまってくる可能性も。息抜きはたまのごほうびにいて、旦那さんをねぎらう気持ちを忘れないようにしたほうが、いいのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月26日~10月17日
調査人数:106人(22歳~39歳の男性)

※この記事は2016年11月01日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE