お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「妻をいつまでも愛する夫」に共通する6つのこと

ファナティック

結婚するのならいつまでも自分のことを愛してくれる人がいい、そう思っている女性は少なくないと思います。でも、世の中、「愛し続けてくれる男性」ばかりとは限りません。結婚生活が長くなるにつれ、愛ではなく、情だけで繋がっている夫婦もいますからね。「妻をいつまでも愛する男性」を見つけるには、どんなところに注目すればいいのでしょうか? 女性たちに考察してもらいました。

一途な人

・「一途である。一途にその人のことを大切にしているから」(29歳/学校・教育関連/専門職)

・「もともと奥さんが大好きでたまらなかった人。男の人は特に、大好きな人をいつまでも大好きでいるイメージ」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

交際しているときから、ちょっとでもほかの異性に目を奪われたり、浮気未遂をしたりするような男性はアウト。彼女だけを愛し続けることができる人を選ぶべきでしょうね。

尽くすタイプ

・「尽くすことが好きなタイプ。やってあげることが自分の喜びになるから」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

尽くすよりも、尽くされるほうが好き、なんて男性は、たったひとりの妻を愛し抜くのはちょっと難しいかもしれません……。自分を犠牲にしてでも、彼女のためにがんばれる男性が理想的ですね。

感謝の気持ちを忘れない

・「いつでも感謝の気持ちを口に出して伝えている」(27歳/学校・教育関連/販売職・サービス系)

・「感謝の気持ちを持てるやさしい人」(25歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

感謝の気持ちをきちんと伝えることは、簡単なことのようでいて、忘れがちなものです。でも、うわべだけではなく、本心から感謝の気持ちを持っていれば、決して忘れる言葉ではありません。「ありがとう」とちゃんと言ってくれる人は、それだけ誠実に思ってくれているということです。

尊敬している

・「妻のことを尊敬している。敬意を払っている分、失礼なことはしないと思うから」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

・「妻を尊敬している。妻のことを尊重して愛していると思うから」(29歳/ソフトウェア/技術職)

男性によっては、彼女やパートナーのことを、自分の所有物のように扱うひどい人もいます。こういう人と結婚すると、大きなストレスを感じるでしょうが、ひとりの人間として、ちゃんと尊敬の念を抱いてくれている相手となら、愛し合い続けることができるでしょうね。

家族を大事に

・「家族を大事にしようという意識が強い人」(23歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「奥さん第一で、家庭を大事にするやさしい夫」(26歳/その他/販売職・サービス系)

結婚した途端、安心しきってしまうのか、家族のことをないがしろにし、仕事と自分の趣味ばかり優先する人も世の中にはいます。付き合っている最中から、そういう片鱗がある人は要注意。彼女を大事にする人は、きっと家庭も大事にするはず。

相手を受け入れられる大きな器

・「ケンカしても結局最後は折れてくれて、相手のことを自分のことのように心配している」(27歳/医療・福祉/専門職)

たとえケンカをしたとしても、相手を責め続けるのではなく、まずは自分から謝れる大きな器を持っている男性、非常に魅力的ですね。広い心でパートナーを受けとめられる人は、大きな愛も持っていることでしょう。

まとめ

夫婦生活を円満に送るためには、お互いの愛が必要不可欠。どちらかの愛情が欠けていては、ずっと幸せに、というのは難しいかもしれません。パートナーを選ぶときは、自分のことをずっと愛してくれそうだ、という点ももちろん大事ですが、自分が永遠に愛せる自信がある相手を見つけることも忘れてはいけませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月28日~2016年10月11日
調査人数:102人(22~34歳の社会人女性)

※この記事は2016年11月01日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE