お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

姑に好かれるために絶対したほうがいいこと・6つ

ファナティック

彼との結婚が決まると、うれしさと同時にさまざまな不満がつきまとうもの。そのうちのひとつとして、「彼の両親とうまくやっていけるか」というのを挙げる人も少なくないのでは? せっかくならなるべく良好な関係を築いていきたいもの。特に、「嫁姑問題」というった言葉もあるように、夫の母親とは関係構築をきちんとしないと険悪になってしまうことも……。そこで今回は、既婚の女性のみなさんに「姑に好印象を持ってもらうために心がけていること」について教えてもらいました。

■1.挨拶をきちんとする

・「しっかり挨拶をすること、夫を立てること、だと思う」(33歳/その他/その他)

・「挨拶をしっかりすること」(34歳/情報・IT/クリエイティブ職)

挨拶はコミュニケーションの基本中の基本。最低限、これがきちんとできるかどうかで、印象も大きくちがってきます。

■2.笑顔で対応

・「基本は笑顔で相手をする。ハイハイ言うことを聞く」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「常に笑顔でいること。気を使って疲れてたり嫌な気分でも常に笑顔でいればなんとか乗り切れる」(26歳/その他/その他)

笑顔でいることは、人間関係をよくするのに効果的ですよね。どんなときでも笑顔で対応されると、自然と好印象をあたえられるもの。

■3.清潔にする

・「清潔感のある見た目を心がける。母の日や誕生日に贈り物をする。お礼は必ずマメに言う」(29歳/その他/その他)

・「小綺麗なファッションと最低月に1回はご機嫌うかがいすること」(34歳/学校・教育関連/その他)

不潔に見えると印象はよくないですよね。ちょっとしたことですが、清潔感があるかないかでその人のパッと見たときの印象は変わってくるもの。ヨレヨレのシャツはご法度です!

■4.記念日ごとのプレゼント

・「母の日のプレゼント。『息子から一度ももらったことがなかったからうれしい』と喜んでもらえた」(30歳/その他/その他)

・「母の日やお中元、お歳暮を贈って、日々の感謝を形でもあらわす」(31歳/その他/その他)

プレゼントをもらってうれしくない人はいないですよね。口下手な人は、感謝の気持ちをプレゼントという形で伝えてみてもよさそう。

■5.しっかり会話をする

・「よく話をしたり、会話に参加すること。楽しく会話をしてよそよそしないほうが仲よくなっていたため」(30歳/その他/その他)

仲よくなるには、何よりもコミュニケーションは大切ですよね。日ごろから会話をすることが仲よくするための第一歩と言えそうです。

■6.連絡はこまめに

・「いつも笑顔。メールの返事はすぐにする」(24歳/その他/その他)

・「定期的に連絡や贈り物をする」(32歳/その他/その他)

しっかりと連絡をすることで、「きちんとしている」印象もあたえられそう。メールや電話不精の人も、意識的に行いたいものです。

■まとめ

仲よくしようと身構えすぎるよりも、普通の「良好な人間関係」を築こうとすれば、自然と上記のような行動ができるはず。最初のころはギクシャクしていたとしても、笑顔で接するよう心がけていれば、きっと相手も心をひらいてくれるはず。日々の積み重ねが彼ママと仲よくするための一番の近道なのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月11日~10月13日
調査人数:102人(22歳~34歳の既婚の働く女性)

お役立ち情報[PR]