お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

お前、またそれ? 手抜きだと感じる彼女のデートファッション6選

ファナティック

最初のころは、気合を入れていたデートファッションも、付き合いが長くなるにつれて、徐々に手抜きに……! 女性としては、「工夫している」つもりでも、実は彼にはバレバレなのかもしれませんね。20代から30代の男性たちが、実は「手抜きだな」と感じている彼女のデートファッションについて、意見を集めてみました。

<手抜きだと感じる彼女のデートファッション>

■パンツスタイル

・「普段スカートの人がパンツをはいてくると、慣れはじめたのかなと思い、手抜きに感じます」(25歳/建設・土木/営業職)

・「ズボン。女性しかはけないスカートをはいてほしい」(33歳/その他/販売職・サービス系)

デート内容やその日の体調によっても、「パンツ」か「スカート」か選びたいものですが……男性の中には「デート=スカート一択!」という考え方もあるようです。女性らしいヒラヒラ感が好きな男性には要注意です。

■スウェット

・「スウェットパンツの人。流行りを入れていてもなんとなく手を抜いてる感じがする」(31歳/建設・土木/技術職)

・「スウェットとか。部屋着のまま出てきたんかと思う」(28歳/その他/クリエイティブ職)

汗の吸収性が高く、着心地もいいスウェット素材は、女性のカジュアルファッションにも人気ですよね。とはいえ「スウェット=部屋着」というイメージを持つ男性も、まだまだ多いもの。デートでの着用は、避けたほうがよさそうですよ。

■スニーカー

・「靴が運動靴。動きやすいのはわかるけれども、わかるけれども、といったところ」(33歳/その他/その他)

・「汚れたスニーカー。気をつかっていないから」(32歳/小売店/販売職・サービス系)

華奢なヒールをはいていって、もしも歩けなくなってしまったら……! こんな不安から、あえてスニーカーを選ぶ方はいませんか? 女性の足元にオシャレを求めるなら、彼として、彼女への思いやりを忘れないでもらいたいですね。

■いつもの

・「何度も見たことがある服。デートを特別に考えていない」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

・「それいつも着てるやつじゃん!というのは過去に何度も経験している」(33歳/その他/事務系専門職)

デートでは特別な格好をしてほしい! というのが男性の本音だと言えそう。とはいえ金銭的な負担も大きいですから、「定番=高品質」「流行もの=プチプラ」で、アレンジにメリハリをつけてみてはいかがでしょうか。

■オシャレのつもりが……!?

・「マネキンコーデで統一されたファッション。いかにもありきたり」(36歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

・「雑誌を参考にしたまんまのファッションだったらそう思う。 自分なら参考にしつつ、少しアレンジを加えるから」(35歳/その他/その他)

女性的にとっては真剣な「オシャレ」なつもりでも、実は男性的には「残念……!」という、切ない状況もあるようです。彼と彼女の趣味のちがいが原因かも? ぜひ彼の好みを聞き出してみてください。

■下着にも気を抜かないで

・「色気のない下着。小中学生がつけてそうな下着を見たとき」(29歳/その他/その他)

相手が恋人だからこそ! デート時のファッションは、下着にまで手を抜いてはいけません。「外側」が完璧であればあるほど、男性は「内側」にも期待してしまうもの。その気持ちを裏切らないのも、彼女としての思いやりかもしれませんね。

<まとめ>

デートファッションが手抜きになれば、2人の雰囲気も「マンネリ」へと近づきやすくなるもの。常に気合を入れ続けることは難しくても、ときには彼も彼女も気合を入れて、特別なデートができるといいですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月13日~2016年10月14日
調査人数:318人(22~39歳の社会人男性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE