お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

アラサー女子が「今までにタイプの男性と付き合えた確率」ランキングTOP4! 

ファナティック

「付き合うならこんな人がいい……!」それぞれ理想はあっても、現実にはほかの男性に告白された結果、好きになって付き合ってしまう、そんな経験も多いのではないでしょうか。そこで今回は、社会人女性に次の質問をしてみました。

Q.あなたが、今までにタイプの男性と付き合ってきた確率はどれくらい?

第1位 0~25%(4人に1人くらい)……46%

第2位 76~100%(全員がタイプ)……24%

第3位 26~50%(3人に1人くらい)……17%

第4位 51~75%(4人に3人くらい)……13%

タイプの男性と付き合ってきた確率第1位は、「0~25%(4人に1人くらい)」でした。約3割の女性が選択。それぞれの理由を見てみましょう。

第1位 0~25%(4人に1人くらい)

・「好きなタイプがバラバラだから。運命」(26歳/電機/事務系専門職)

・「意外とタイプでない人に惹かれてしまうから」(26歳/建設・土木/事務系専門職)
・「大抵向こうから告白されているから、自分の好みの人とは付き合ってない」(35歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「イケメンが好きだから、なかなか付き合えない」(31歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

第1位は「0~25%(4人に1人くらい)」と、選択肢の中では最も低い数値がトップに。理想はあっても、なかなかタイプの男性は現れないようですね。また、出会いは運命だから仕方ないという声も?

第2位 76~100%(全員がタイプ)

・「タイプじゃなければ断っていたから」(35歳/医療・福祉/専門職)

・「好きになると『タイプだ』と思ってしまう単純な性格だから」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「そうじゃないと付き合わないし意味ないので」(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「はじめて付き合った男性=いまのダンナ」(35歳/情報・IT/技術職)

第2位は「76~100%(全員がタイプ」)。ホームラン王どころではない好成績ですね。とはいえ、男性に告白されてもタイプでなければ断るようにしていれば、案外達成できる数字かもしれません。

第3位 26~50%(3人に1人くらい)

・「彼氏がほしくて付き合ってたこともあったので」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「タイプと本当に好きになるのは、ちがう場合が多い」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「統計をとりましたら、そうなりました」(23歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

・「自分からなかなか告白できなくて、告白された相手と付き合っていたので選べなかった」(31歳/情報・IT/クリエイティブ職)

第3位は「26~50%(3人に1人くらい)」。言ってしまえば、付き合った中ではハズレもあったということでしょうか。ちなみに日本のプロ野球では、打率が4割を越えた打者はいないのだとか。

第4位 51~75%(4人に3人くらい)

・「ストライクゾーンが広いから、ほとんどがタイプの人」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

・「その当時は、そのときの彼氏が1番だったから」(24歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「まったくのタイプじゃない男性とは、付き合わないから」(26歳/情報・IT/技術職)

・「付き合ったあとにタイプになっていくから」(27歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

第4位は「51~75%(4人に3人くらい)」でした。けっこうな好成績ですよね。男性に対するストライクゾーンが広い女性であれば、いろいろなタイプの男性と付き合うこともできますよね。

まとめ

今までにタイプの男性と付き合えた確率について、いろいろな女性の意見が寄せられました。さて、いかがですか? ステキな恋ができないと悩んでいる女性は多いかもしれませんが、タイプでない男性も受け入れていれば恋愛自体はできそうですね。でも、できればタイプの男性と付き合いたいのがホンネ! でもタイミングもあるし……むずかしいところですよね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月28日~10月5日
調査人数:109人(22歳~34歳の女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE