お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

絡みづらすぎ!! 男性が思う“こじらせ女子”の特徴

フォルサ

会社の同僚、友達関係の中でもひとりはいそうな「こじらせタイプ」。うまくまとまりそうなのに、そのひと言や言動でみんなを振り回し、どう扱っていいのか分からずみんなお手上げ。こんな人周りにいませんか? 男性から見たこじらせ女子のタイプをまとめてみました。

ちょっとネガティブ女子

・「悪い方向ばかりに考えが突っ走ってしまうひと」(35歳/自動車関連/技術職)

・「過去のことをいつまでもミミッチクいう」(31歳/機械・精密機器/技術職)

・「悪口の言い方がリアルすぎる。単純な愚痴のレベルを超えちゃっている」(34歳/情報・IT/クリエイティブ職)

常に考えが後ろ向き、明るさを感じずにどこか闇を背負っているタイプの女子。励まそうと思った言葉を裏目に取られる、なんてことありませんか。男性から見た女子の「困ったちゃん」タイプの女性にやきもきしている男の人は多いみたいです。

自己中心派

・「バランス感覚がずれてていきすぎている場合」(39歳/情報・IT/技術職)

・「アタマの中がコスパと貯金しかない人。」(39歳/その他/専門職)

・「自分の固定概念にとらわれてその枠から出ることを極端に恐れ排除する」(38歳/小売店/事務系専門職)

・「二次元の世界に救いを求めている人」(37歳/印刷・紙パルプ/その他)

・「プロポーズをしたのに何年も返事が無い」(37歳/自動車関連/技術職)

助言やアドバイスは真っ向否定、自分の考えがぎっちりと練り上がっているため、立ち入るすきを与えない女子のタイプ。マイペースな頭の中で繰り広げられているワールドについていけないという男子も多数いました。

会話不成立

・「とにかく周りの人とのコミュニケーションが下手でどんどんどつぼにはまっている」(38歳/電機/事務系専門職)

・「話すことが多いのに、要点がまとまっていない」(35歳/学校・教育関連/営業職)

・「話の内容が深すぎてこだわって感じがある。」(24歳/情報・IT/事務系専門職)

・「会話がなりたっていなく、一人であせっているとき」(35歳/自動車関連/技術職)

思わず「だ・か・ら! 人の話聞いてる?」と言ってしまいそうなほどに、会話の先を頭で広げてしまうタイプの女子。きっと自分の中ではまとまっている話も、言い足りない、こうだったらどうしよう……といろいろ考えてのことかもしれませんが。このタイプの女性は想いが相手に伝わらず、不思議ちゃん扱いされかねない危険をはらんでいるかも。

まとめ

全体的に見ると、男性にとっては「自分の意見を聞いてもらえそうじゃない女子」を、こじらせタイプと思うようですね。結論が自分で出ているのに、それをあえて男性に相談して否定しちゃうような駆け引き女子も、もしかしたら「こじらせ」なのかもしれません。


※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年10月にWebアンケート。有効回答数190件(22歳~39歳の働く男性)

(フォルサ/竹林みか)

 

フォルサ

ライティング、編集、DTPまで手がける制作グループです。
“フォルサ”はポルトガル語です。「がんばれ!」と応援する言葉ですが、サポートするという意味もあります。女性の為になる情報を間口を広く扱っていきます。

この著者の記事一覧 

SHARE