お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

うっひょーん、もっとしてーっ!! 男性が彼女にキスされて喜ぶ唇以外のパーツ6つ!

ファナティック

恋人どうしなら唇を合わせるキスも大切ですが、その他の部分に慈しむように触れるキスも大事にしていきたいところです。唇以外の場所で彼女にキスされたらうれしく感じる部分について、男性意見を集めてみました。

■ほほ

・「シンプルだし、フランクでよいから」(31歳/自動車関連/その他)
・「ほっぺた。不意に別れ際にされたらどきっとするから」(29歳/情報・IT/営業職)

唇よりも軽くキスできるほほはやはり定番のようです。驚かせたいときなど、不意打ちでキスしやすい場所でもありますね。

■おでこ

・「意外に好きなところだし、おでこがいいと思う」(34歳/電機/技術職)
・「おでこ。付き合っていないとなかなかできない部位だから」(34歳/機械・精密機器/事務系専門職)

軽くキスできる点はほほと同じですが、友人どうしでふざけてすることもあるほほとはちがってより恋人らしいキスになる印象がありますね。彼女から彼のおでこへキスするときには、彼にかがんでもらったり座っていてもらったりしないといけないところにもかわいらしさがあります。

■目元

・「目元。目元だとドキドキします」(33歳/電力・ガス・石油/技術職)
・「目元。目が合うのがうれしくなります」(33歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

目元へのキスは、恋人らしく触れ合っている、という雰囲気が出ますよね。キスをしたあと少し顔を離すだけで目が合いやすいのもうれしいものです。

■首筋

・「首筋。口から耳、首筋にされるとぞくぞくする」(33歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)
・「首筋にキスをされるとぞくっとするから」(32歳/食品・飲料/技術職)

ほほやおでこなどと比べると、どこか大人の雰囲気を感じる首筋へのキス。女性からされるとドキドキしてしまう、という男性も多いようです。彼にもドキドキを感じてもらいたいというときにはいいかもしれません。

■手

・「手。なんとなくドキドキしてしまうため」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)
・「手にキスをされたら、なんとなくわくわくするので」(31歳/金融・証券/専門職)

手へのキスはどこかロマンチックに感じられます。男性から女性へするときにも王子様のようで素敵ですが、女性からされてうれしく思う、ドキドキするという男性も多いよう。指先や手の甲など、いろんな場所へのキスを楽しみたいですね。

■どこへのキスでもうれしい!

・「どこでもうれしい。してくれるだけうれしいことだから」(26歳/金融・証券/専門職)
・「どこでもされたらうれしいと思う」(30歳/運輸・倉庫/その他)

中にはどこへキスしてもらってもうれしく感じるという意見も。確かに、好きな相手にされるのであればどこへのキスでもドキドキしてしまうものですよね。

■まとめ

ほほやおでこなどの定番から首筋や手、目元などどこか大人っぽいパーツまで、いろいろな場所があげられました。キスは男性からすることのほうが多いような印象がありますが、好きな人にキスしてもらってうれしいのは男性も女性も同じ。普段彼にしてもらうことが多い人も、たまには自分からキスしてみるといいかもしれません。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年9月にWebアンケート。有効回答数101件(22~38歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]