お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

バレバレだから! 男性が「こいつ猫かぶってるな」と思う女子の言動10

ファナティック

誰だって異性の前では「自分の一番いいところ」を見せたいもの。ただそれを少々やりすぎると、かえって逆効果なことも多いですよね。そこで「猫かぶってるな〜」と感じやすい女性の言動を社会人男性に教えてもらいました。何事もやりすぎはNG!

■かまととぶる発言にびっくり

・「『知りませんでした〜』の連発。さすがに知らないことはないだろうという内容にも、そんな回答だった」(34歳/マスコミ・広告/その他)

・「『えーこんなことできなーい、すごーい』って褒められたとき」(31歳/電力・ガス・石油/技術職)

・「かまぼこが魚でできてるなんて知らなかったという、まさかのかまとと発言」(32歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

ヨイショで持ち上げていい気持ちになってもらおうとしたはずが、かえって「かまとと発言」に見られてしまうことも……。男性をほめるときに「〜」で語尾を伸ばすと、特にそう思われやすい? 何も考えず、つい口から出てしまいがちなほめ方だけに注意したい!

■飲み会の席での態度と、いつもの態度が全く違う!

・「飲み会ではニコニコして愛想いいのに、お会計の雰囲気を察するといち早く店を出ようとしているとき」(32歳/その他/事務系専門職)

・「飲み会でかわいこぶるくせに、普段の女子同士の会話がゲスいのを伝え聞いたとき」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「飲み会の席で、料理の取り分けなどやってる子に、気が利くねと言うと、『こういうのやりたくなっちゃうんです! やりたいからやってます』的な事を言ってたのに、手がおぼつかない人。絶対普段してないのがバレバレ」(33歳/アパレル・繊維/その他)

猫をかぶっているかどうかは、飲み会とそれ以外での態度の違いを見れば一目瞭然!? なぜか人にいいところを見せたくなってしまう飲み会。ここで品よく気配り上手に振る舞おうとすると「いつもの自分」とのギャップが目立ちやすくなるよう。

■非力アピールはうそくさい

・「『私、重い荷物持てないんですよぉ〜手伝ってください』。自分で持ってきた荷物だろが」(29歳/小売店/販売職・サービス系)

・「『お酒飲めないんです〜』とか言ってる人。実は酒乱の人が多い」(31歳/情報・IT/技術職)

女性は男性に比べて力が弱い人も多いだろうし、お酒も弱い人が多いはず。ただそれをわざわざアピールしてくる女子を見ると「猫かぶってるな〜」と思いやすいとか。非力アピールを大げさにやりすぎると、うそを見抜かれやすくなる?

■好きな人やイケメンの前で、態度が180度違う

・「いつもはガミガミ言うが、好きな人の前では、くぅーん、みたいなとき」(28歳/情報・IT/技術職)

・「イケメンがいるときにはテンションが高いのに、イケメンがいなくなるとテンションが下がる」(30歳/医療・福祉/専門職)

好きな人やイケメンの前でしおらしくなるのはいいとして、普段自分に接するときの態度がそれと180度違うのはやっぱり腑に落ちない? 同じようにしろとは言わないけれど、他の男性とあまりに差をつけられると、さすがにプライドが傷ついてしまいますよね。

人にいいところを見せたくなる気持ちはわかるとして、オンオフの対応がハッキリしすぎていると「猫かぶってるな〜」と冷ややかな目で見られることが。決まった人がまだいないなら、可能性を広げておく意味で「みんなに優しくする」ことは大事かもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年4月にWebアンケート。有効回答数398件。22歳〜39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]