お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

ヤメてくれぇぇぇ!! 男性が恐怖を覚えた「重い女」の特徴6つ

ファナティック

付き合うなら、なるべく一緒にいて楽しい相手を選びたいと、誰もが思うものですよね。とはいえ、一方だけの気持ちが重すぎると、付き合い方にもちがいが出てくるものです。そこで今回は、男性のみなさんに「恐怖を覚えた『重い女』の言動」を教えてもらいました。

(1)メールが多すぎる

・「メールがとにかく山のように毎日やってくる」(38歳/学校・教育関連/専門職)

・「メールがすごい頻度で来る女性は怖い」(35歳/小売店/販売職・サービス系)

ありえない数のメールを送られてくると、さすがに重く感じますよね。一度送って返信がない時点で、次のメールは送らないのが一般的なのですが、気になってしまうのでしょうね。気持ちはわかりますが、送られてきたほうは恐怖を覚えてしまいます。

(2)すぐに泣く

・「何かちょっとしたことですぐ泣かれて、微妙にうっとうしさを感じた」(37歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「すぐに泣いてくる女は重たくて嫌です」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

少しのことですぐに泣かれてしまうと、男性も困ってしまいますよね。たまに泣くぐらいならかわいく思えるものですが、いつもとなると、重く感じるのでしょうね。女性の涙は、ときに男性の気持ちを萎えさせてしまうようです。

(3)家の前で待っている

・「家の前に必ずいる。恐ろしくなった。見張られているようで」(38歳/その他/その他)

・「家に黙ってきている。行動をつけている」(38歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

ずっと家の前で待たれたら、ほとんどストーカー状態ですよね。本人にまず連絡をとってから、行動してもらいたいものです。突然押しかけられた男性側も、どうすればいいかわからず、困ってしまいますよね。

(4)束縛がひどすぎる

・「束縛がひどい。刺されそうになったことがある」(25歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「束縛がひどくて普段からマイナス思考で考える」(28歳/建設・土木/技術職)

あまりにも束縛がひどすぎると、さすがに重く感じますよね。頭の中に彼氏のことしかないと、そうなってしまうのかもしれませんね。束縛をすればするほど、恋人は傍を離れたくなってしまうことがほとんど。気持ちが裏目にでてしまう瞬間です。

(5)おどしてくる

・「『別れたら自殺するかも』とか自分を人質にするのはダメだと思います」(35歳/運輸・倉庫/技術職)

・「『あなたに捨てられたら死ぬ』と彼女から迫られたとき」(36歳/食品・飲料/技術職)

本気かどうかはわからないにしても、簡単に死ぬなんて言葉を口にされると、男性も困ってしまうようです。それでつなぎとめられたとしても、彼の気持ちまでは自分の自由になりませんよね。

(6)振られてもあきらめない

・「告白を何回も断ってもしぶとく粘ってくる女性。だんだん怖くなってくる」(30歳/不動産/販売職・サービス系)

・「告白を断ったのに何度もメールをしてくる」(29歳/自動車関連/技術職)

女性から告白されて悪い気はしない男性も多いと思いますが、何度も告白をされると、さすがに引いてしまいますよね。男性側も一度断った時点で、気づいてほしいと思うのではないでしょうか。申し訳ないと思いながらも正直な言葉で答えてくれた男性の気持ちを、少しは汲み取ってあげるべきですよね。

<まとめ>

彼氏しか見えない状態になってしまうと、もしかして誰でも重い女になってしまう可能性があるのかもしれませんね。彼氏がいても、自分の時間を大切にするようにしておけば、「重い女」になることもなさそうです。みなさんも自分の気持ちが先行しすぎて、彼を困らせることのないよう気をつけてくださいね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月21日~2016年9月22日
調査人数:375人(22~39歳の男性)

お役立ち情報[PR]