お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 婚活

【ダメ女研究塾】浮気されるには理由がある!?「浮気されやすい女」の特徴とは?

堀井亜生

「交際が長続きしない」「ダメ男にばっかりハマってしまう」など、結婚を意識しはじめたアラサー独身女性の悩みはつきないもの。そんな恋愛のお悩みから、多くの離婚・男女問題を解決してきた弁護士・堀井亜生先生が結婚で失敗しがちな「ダメ女」の特徴を解説します。「婚活がなかなかうまくいかない……」と不安に思ったら、まずは自分が「ダメ女」に当てはまっていないかチェックしてみて!

今回のお悩み「浮気されやすい女」

damejyo_03_01人と揉めるのが苦手で、子どものころからケンカや争いごともできるだけ避けてきた私。そのせいか、これまで付き合ってきた彼氏に対してもなんでも許してしまい、浮気をされても、怒って自分から別れることがなかなかできません。もちろん浮気なんてしてほしくないのですが、今まで付き合った男性はなぜか浮気性の人ばかり。次こそは、結婚を見据えて自分と真剣に向き合ってくれる相手と付き合いたいと思っています。付き合った男性に浮気されやすい私って、もしかしてダメ女でしょうか?

お悩み解決策

「いろいろな離婚問題・男女問題に関する事件を見てきた経験からすると、浮気をされる女性は、次の相手にも浮気されることが多い傾向があります」

相談者のように彼氏に浮気されやすい女性は、たまたま付き合った相手が浮気をしているのではなく、浮気しやすい人を無意識のうちに選んで付き合っているということをまず自覚する必要があります。

相談者の方は、浮気されても許してしまう理由を、「人と揉めるのが苦手だから」と言っています。一番心を許しているはずの恋人との間でも揉めごとを避けたがるあまり、浮気を許してしまうのは、「彼と別れるのが怖い」という気持ちが背後にあるからではないでしょうか。

別れるという選択肢がない恋愛は、彼にとって「何をしても許される恋愛」になってしまい、浮気をされる彼女は都合のいい女性になってしまいます。揉めたくないからと浮気を許しているうちに、彼氏のほうから別れを告げられ、また次に付き合った人にも同じように浮気をされ……と、一度「浮気されやすい女」の悪循環に陥ってしまうと、なかなか抜け出すことが難しくなってしまいます。

このように、浮気をされても「許せない」「腹が立つ」という気持ちより「それでも別れたくない」「許してあげないといけない」という気持ちが勝ってしまうタイプの女性は、普段の言動にもその依存してしまいがちな性質が現れていることが多いです。具体的には、自分に自信がなかったり、ひとりになるのを嫌がったり、何かが起こると自分のせいだと思ったり……。浮気性の男性は、どんなタイプの女性が浮気を許してくれるのかを感覚でわかっているので、このような言動をしている女性に積極的に声をかけてきます。

「ダメ女」回避のヒント! 自分がされて嫌なことの線引きをしっかり考えておきましょう

damejyo_03_02 「依存しやすい女性と浮気性の男性」というカップルは、需要と供給という点では一致しているのですが、男性と付き合うたびに浮気されるのは、たまったものではありませんね。あなたが「浮気されてもまったく気にならない」という性格でない限り、自分がされて嫌なことの線引きをしっかり考えておく必要があります。その上で、普段の会話の中で「浮気は絶対に嫌」「浮気されたらすぐに別れる」というメッセージを彼に伝えておくことで、彼の浮気心にブレーキをかける効果が期待できます。

「相手のことが好きだからなんでも許さないといけない」と思い込むのではなく、「たとえ好きな人でもこれだけは許せない」というふうに考え方を切り替えましょう。自分の考え方をしっかり持っていれば、それが普段の言動にも表れるので、浮気性の男性に声をかけられることも自然と少なくなっていくはずです。「これだけはNG」という線引きをしっかり自覚しながら婚活をして、次こそは真剣にあなたを思ってくれる相手にめぐり会えるといいですね。

「浮気されやすい女」研究まとめ

(1)自分が「浮気しやすい男性を選んで付き合っている」ことを自覚するのがダメ女脱却のカギ。

(2)揉めごとを避けたいからと浮気を許してしまうのは、依存する心の表れであることを理解する。

(3)自分がされたら嫌なことの線引きを考えておいて、「浮気は絶対に嫌」と普段から彼に伝えましょう。

(監修・文:堀井亜生)

お役立ち情報[PR]