お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

一生忘れられない! 女性の心に染み渡った男性の気遣い

ファナティック

長い仕事人生の中で、ときには大きな失敗をしてしまうこともあるでしょう。激しく落ち込み、「私、この仕事に向いていないのかも……」なんて思った経験、あなたにもあるのでは? こんなとき、周囲の人の何気ない一言で心が救われることもあるもの。職場の異性にかけられて、思わずキュンとしてしまったひと言について、女性たちに教えてもらいました。

■ポジティブに!

・「大丈夫!!次に繋げればいい! と言われたとき」(32歳/医療・福祉/その他)

・「ミスをするというのは仕事をしている証拠だよ。仕事をしていないとミスは起きないから」(37歳/不動産/事務系専門職)

うじうじとした気持ちを吹き飛ばすような前向きな一言! つられて自分も、ポジティブな気持ちになれるはずです。「なるほど」と思えたら、その異性のファンになってしまうかも……!?

■優しいお誘い

・「大丈夫。僕でよければ話を聞くよ」(32歳/その他/営業職)

・「お昼ご飯食べに行くからいっしょに行くぞ」(35歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

失敗して落ち込んでいるときには、誰かに話を聞いてもらうだけでも心が楽になります。相手の方からこんな風に誘ってもらえたら、つい弱みも見せてしまいそうですね。

■使えるアドバイス!

・「『ミスは誰にでもあるので、ミスした内容をノートなどに書いてたまに読むようにすると楽になる』なんてアドバイスされると好感がわきます」(35歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「どこがダメだったのか、優しくアドバイスしてくれたら、見てくれてるんだと思ってキュンとします」(37歳/その他/事務系専門職)

実際に話を聞き、具体的なアドバイスをしてもらえると、さらにキュン度もアップです! 次からどうすれば失敗しなくても済むのか。恋だけでなく、自分の成長にもつながるでしょう。

■自分の失敗談を……

・「先輩の若い頃の失敗談を面白おかしく話してもらったとき」(30歳/学校・教育関連/その他)

・「その人がやらかした人生最大のミス的なのを話して、『それに比べたらマシ』という励ましをもらったが、『そんなご自分の人生の汚点といえるエピソードをここで披露していいのか!?』と思ってしまい、おかしいやら何やらでキュンとまではいかずとも元気にはなれた気はする」(37歳/その他/クリエイティブ職)

このタイミングを見計らって、自身の失敗談を打ち明けてくれるのは、かなり優しいです! 「みんな失敗しているんだから、そんなに落ち込まなくても大丈夫だよ」という気持ち、じんじんと伝わってきますね。

■笑顔!

・「『笑顔、笑顔』実際に言われて心が軽くなったから」(37歳/電力・ガス・石油/販売職・サービス系)

・「別の話題で笑わせてくれる。それかじっくり話を聞いてくれる」(31歳/小売店/事務系専門職)

落ち込んでいるときに笑顔を見せるのは、大変なこと。少々強引にも思えるひと言ですが、その必死さに思わず笑顔になってしまいそう……!? きっと気持ちも楽になるのではないでしょうか。

■言葉ではなく

・「言葉よりも飲み物をさらっと置いていってくれたらうれしい」(36歳/電機/事務系専門職)

・「『こんなことしかできないけど』とか『疲れてるんだよ』とかといって、さりげなくお菓子をくれる」(39歳/学校・教育関連/専門職)

キュンとするのは「言葉」よりもむしろ「行動」という意見もチラホラ。なにを言っても嘘くさくなってしまいそう……なんてときには、さりげない差し入れで気持ちを示すのがおすすめです。

■まとめ

ミスしたときほど心にしみる、職場の男性のさりげないやさしさ。「こんな風にしてくれたら……」なんて理想を抱いている女性も多いようです。もしも実際にこんな出来事が起きたら、恋のチャンスにもつながる……のかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年9月にWebアンケート。有効回答数231件(22歳~39歳の働く女性)

 

お役立ち情報[PR]