お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

倦怠期を迎えたカップルが「やるべきこと」

ファナティック

どれほど大好きな彼氏であっても、付き合いが長くなると、だんだんマンネリ化してきてしまうもの。新鮮味がなくなると、一緒にいてもつまらなく感じますよね。そこで今回は恋人との倦怠期の乗り越え方について、社会人男女のみなさんにアドバイスをもらいました。

<女性の意見>

■距離を置く

・「少し距離を置いてみる。離れてみて気づくことがあると思うので」(29歳女性/食品・飲料/事務系専門職)

・「お互いに距離を置き、しばらくは連絡を取らない事」(34歳女性/自動車関連/技術職)

会うとどうしてもけんかが多くなってしまうこともあるかもしれません。少し距離を置くことで、相手の良さなど見えなくなっていたものが、また見えるのかもしれませんね。

■初心に戻る

・「最初の頃を思いだし、少し努力するようにしてみる」(33歳女性/その他/事務系専門職)

・「付き合いたての頃の気持ちを思い出す。そうするとまた新鮮な気持ちになれます」(36歳女性/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

付き合っている期間が長くなると、どうしても慣れが出て来てしまいます。付き合い始めたころの気持ちに戻ることができれば、簡単に乗り越えられそうですね。

■旅行に行く

・「旅行に行くなど、普段とは違った時間を一緒に過ごす」(31歳女性/その他/事務系専門職)

・「旅行に行くなど環境を変える、行ったことないところだとドキドキが増える」(25歳女性/その他/その他)

ずっと一緒にいると、だんだんとマンネリ化してしまい、刺激を感じられなくなってしまいます。いつもと違うことをすれば刺激を感じることができそうです。旅行もその一つになりそうですね。

<男性の意見>

■距離を置く

・「いったん、距離を置いて、お互いが本当に大事かの時間を作る事」(37歳男性/機械・精密機器/技術職)

・「少し時間を置くことも必要かもしれない。自然に解決できないのであれば積極的に話してみることかな」(36歳男性/情報・IT/技術職)

ずっと一緒にいると、お互いの良さが見えにくくなってしまうこともありますよね。少し離れてみることで、お互いの良さが再認識できるかもしれません。

■新しいことを始める

・「新しい事にチャレンジしてみる。協力的なものが良い」(36歳男性/機械・精密機器/技術職)

・「今までやったことがないようなことに二人で挑戦すればいいと思う」(29歳男性/金属・鉄鋼・化学/技術職)

新しい刺激を求めることで倦怠期は解消されることもありますよね。二人で何かを始めれば、それが刺激となって解消できそうですね。

■時間が解決してくれる

・「時間が解決するのを待った方が良いと思う」(39歳男性/医療・福祉/事務系専門職)

・「ひたすら我慢して時が過ぎるのを待つ」(38歳男性/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

倦怠期は時間が解決することが多いのではないでしょうか。ただ、カップルによって時間も違ってくるので、どれくらい待てばいいのかが難しいかもしれません。

■まとめ

どんなカップルでも付き合っている期間が長くなってくると、倦怠期は避けられないものかもしれません。倦怠期の乗り越え方は、男性も女性も基本的には同じようですね。二人が同じ考え方で協力して努力すれば、乗り越えるのも難しくはなさそうです。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年7月にWebアンケート。有効回答数405件(22歳~39歳の働く男女)

お役立ち情報[PR]