お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 片思い

俺たちの「片思い」、こうしてバレました・5選

フォルサ

ひそかに片思いをしている場合でも、大っぴらにしている場合でも、思ってもないきっかけからその思いが相手に伝わってしまうことはありますよね。そんな時のエピソードについて、働く男性に聞いてみました。

■友人がばらした

・「女友達に彼氏いるか聞いたら、バラされた」(38歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「うっかり友達に話したらそこから広がった」(35歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

・「友だちにだけ話していたのに、ばらされた」(26歳/農林・水産/技術職)

恋についての打ち明け話は、男女を問わず、秘密にしておくのが難しいのですね。悪気はなくても、ぽろりと話してしまうことが多いようです。

■ばれたタイミングで告白

・「好きなことが伝わるのだから特に問題ない」(36歳/学校・教育関連/専門職)

・「ばれたって誰に?好きな子に?ならチャンスとばかりにアピールしまくる」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「バレたと思ったらダイレクトにいいます」(34歳/その他/その他)

片思いとはいえ、特に隠そうとしていない人もいます。そんな人の場合、ばれたことはダメージではありません。むしろチャンスとして利用し、そのタイミングで一気にアプローチするとのこと。

■ばれて台無しに

・「あまりにも恥ずかしくてそれ以降話せなくなってしまった」(29歳/情報・IT/営業職)

・「ばれてしまったあと距離を置かれた」(26歳/金融・証券/専門職)

ばれたタイミングから何らかの進展があることもあれば、そうでない場合も。悲しい結末へと急展開してしまった残念な例です。ひそかに思いを無理やり中断させられ、お気の毒です。

■誰にも言ってないのに

・「かわいいなと思ってこっそりみていたつもりが、周囲にはばればれで、にやけながら見ていたようでした」(37歳/機械・精密機器/営業職)

・「自分の雰囲気から、相手に簡単に気づかれた(表情などに出てしまっていた)」(34歳/医薬品・化粧品/技術職)

・「自分では自然にふるまっていたのに、相手にはバレバレだったと後で聞いた」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

恋しい気持ちが顔に出るタイプの男性でしょうか。誰にも何も打ち明けていなくても、恋心が周囲や相手にわかってしまうようです。何だかほほえましいですね。

■固まってしまったエピソード

・「友人たちと話をしている時に、後ろに好きな相手がいた時。お互いにどんなリアクションしていいのかわからず、しばらく固まっていた」(27歳/小売店/営業職)

・「実は●●くんって私の事好きだよね?っと言われる」(26歳/学校・教育関連/その他)

こうした状況で片思いがばれたことがわかると、一瞬ときが止まったかのように感じそうです。ピンチがチャンスに変わったことを祈ります。

■まとめ

甘く切ない片思い。男性であっても、自分の知らないところで相手にばれてしまうと、憤ったり傷ついたりする人がいます。反対に、チャンスとばかりにその機会を利用する人も。いずれにしても、新展開が待ち受けるドラマチックな瞬間ですね。

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月21日~9月4日
調査人数:97人(22歳~40歳の男性)
※画像はイメージです

(フォルサ/佐上ひさ子)

お役立ち情報[PR]