お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 婚活

「夫」には求めるけど「彼氏」には求めないこと4つ

ファナティック

恋と結婚はまったく別のもの。彼氏にだけ求めることもあれば、夫にだけ求めたいこともあるはずです。そこで今回は、女性たちが「夫には求めるけれど、彼氏には求めないこと」を徹底調査してみました。女性たちに認められる「夫」になるための条件とは、いったいどんなものなのでしょうか。

■経済力

・「経済的な安定感。彼氏は、特にお金があってもなくても気にしない」(33歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

・「安定した職業か否か。結婚するには経済力が必要だから」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「年収。彼氏は年収が低くてもどうでもいいので」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

彼氏にとってもっとも大切なのは「好き」という気持ちです。将来を考えなくてもいいのであれば「無職でもフリーターでもOK!」と思う方もいるのかもしれません。しかし、夫となればそうはいきません! 気持ち以上に「経済力」や「安定した仕事」が大切だと言えそうです。

■節約力

・「節約。彼氏には節約しないでほしい。おごってほしいから」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

・「節約に協力してくれること。彼氏にはお金の使い道には口を出せないから」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

甘い恋人期間には、プレゼントや食事など「ちょっとがんばってほしい!」と思う方も多いのでは? しかし結婚すると意見は真逆に。二人の将来のために節約して!という気持ちもわかりますが……きちんと言葉にしなければ、夫には伝わらないかもしれませんね。

■家事力

・「家事の分担。彼氏なら、むやみに部屋などを荒らされたくないから」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「家事に協力する姿勢。二人で生活する上で、その気持ちは大切だと思う」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

共働きがスタンダードである現代、夫となる男性には、きちんと家事力も身につけておいてほしいもの。「最低限コレだけは……」と結婚前から伝えておくことで、「夫」としてのスタートもスムーズに切れるのではないでしょうか。

■寄り添う気持ち

・「譲り合ったり妥協しあうこと。共同生活していく上で必要になる場面が多々あるだろうから」(32歳/自動車関連/技術職)

・「親や自分の家族のお金の話について相談に乗ってもらうこと。夫は家族なので、自分の家族のことも共有してほしいですが、彼にはそこまで求められないし重たいかなと思います」(31歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

あくまでも「他人」である恋人同士と、「家族」である夫婦。気持ちにもちがいを持っていてほしい! と願う女性も多いようです。相手に譲り、そして寄り添う気持ちは大切なもの。結婚生活がうまくいくかどうかは……ここにかかっていると言っても過言ではありません。

■まとめ

彼氏なら許せても、夫となると許せない! と思うことは少なくないはずです。大切なのは、彼氏から夫へと移行するとき! 自分の気持ちを率直に伝えて、二人で上手に関係をステップアップさせていけるといいですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年7月15日~7月20日
調査人数:105人(22歳~34歳の社会人女性)

お役立ち情報[PR]