お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 婚活

同性の目は厳しいっ! 「結婚しておばさんになったな」と思う女性の特徴5つ

ファナティック

「結婚すると女性は変わる」なんて言われることも多いもの。具体的にはパートナーに接する態度が変わったり、子育てをしていく上で必要な強さを身につけたり……。ある程度は「仕方がないこと」なのかもしれませんね。とはいえ、「結婚してからおばさんになった!」なんて思われるのは避けたいところ。働く女性のみんなが、おばさんになったと思う女性の特徴を教えてもらいました。

■ファッション

・「服装に気を遣わなくなった。体形が隠れるような服ばかり着ていて、色気がなくなったところを見て感じる」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「服装がダサい。服装がダサいとおばさんっぽいから」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

結婚後は、やはり少し張り合いがなくなってしまうのでしょうか。オシャレや流行を追い求めることよりも、日々の生活について考えるほうが重要になってしまうのかもしれませんね。オシャレはまず、気持ちから! プチプラアイテムも上手に使って、若々しい妻でいたいものです。

■メイク

・「毎日スッピン」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

・「スッピンで出歩くことを平気になった人。メイクをするのを忘れてしまったから」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

ファッションとともに、メイクに関する意見も目立ちました。夫の前でスッピンを見せるようになると、女性の心に明確な変化が起きるのかも……!? 身だしなみのひとつとして、きちんとメイクをするのがオススメですよ。

■スタイル

・「下っ腹が出ている。テレビのドラマとかだと、おなかがぽっちゃりしていると明らかにおばさんだと感じるから。スリムな体形とお肌を維持できれば、おばさん感は防げると思うから」(26歳/医薬品・化粧品/技術職)

・「太った! 女性は痩せていなければダメだと思うから」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

「幸せ太り」と言えば聞こえはいいのですが……残念ながら「ただのおばさん化」と考える女性も多いよう。女性は特に、身近な人のスタイルの変化に敏感なもの。気を抜かないよう、注意しましょう!

■顔の印象

・「いつも疲れた顔をしている。家事に追われて大変なんだろうなと悟る」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「仕事をしていたときよりも老けた。攻めてる顔をしていない」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

結婚して幸せオーラを出すはずが、「疲れた」オーラを出してしまう女性もいるよう。仕事に家事に、自分のお手入れに……と、すべてを完璧にこなすのは難しいものです。ある程度のところで妥協して、心に余裕を持つことが大切なのかもしれませんね。

■会話の内容

・「会話内容が、自分磨きに関わることよりも家族の愚痴が多い女性」(32歳/自動車関連/技術職)

・「旦那や姑の愚痴ばかり話すようになると」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

独身のころは仕事のことや恋愛のことが、会話の中心。結婚すれば、自然と内容は「家族のこと」に傾くものですが、それも「おばさんっぽい」と思われる原因のようです。せめて「愚痴」や「不満」など、ネガティブな話題は避けることで、印象も変わるのではないでしょうか。

■まとめ

幸せな結婚をしたはずが、「おばさんになった」なんて思われるのは、非常に残念なことです。身だしなみや会話の内容に気を配って、おばさん化を防ぐことが大切なのかもしれません。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年7月15日~7月20日
調査人数:105人(22歳~34歳の社会人女性)

お役立ち情報[PR]