お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート

それはないって~!(泣)夏のデートで、男性がゲンナリする女性のファッション4つ!

ファナティック

清楚なワンピースや少し露出度の高いセクシーなスタイル、爽やかなデニムなど、男性にとって彼女のファッションは夏のデートの楽しみでもあります。それなのに、もしも彼女が自分の理想とはかけ離れたファッションでやってきたら……。この季節、働く男性が考えるゲンナリする女性のファッションを聞いてみました。

■いくら暑くてだるくても

・「ジャージはダメだと思う。デートなので、夏でもある程度色を使ったりしておしゃれしたほうがいいと思う」(34歳/その他/その他)
・「スウェットにTシャツで来るとは信じられない」(28歳/小売店/販売職・サービス系)

うだるような暑さは、確かにおしゃれに対する意欲も半減させてしまいます。どうせ汗もかくし、動きやすい格好のほうが体感温度も涼しいし……。その気持ちはわかりますが、さすがにジャージやスウェットでは、おしゃれだけではなく、デートに対する意欲もないのかと思われてしまうようです。

■夏気分が盛り上がりすぎ

・「80年代の夏みたいな格好に、80年代の麦わら帽子ロングなブロックチェックのスカート。なんかお母さんみたい」(33歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)
・「ビーチサンダル。どこにも行けないよって思う」(33歳/運輸・倉庫/その他)

麦わら帽子に懐かしい柄の綿素材の服、足元はビーチサンダルで気分は常夏リゾートなのかもしれませんが、街中でこのような服装をしているのは明らかに場違い。常夏グッズはリゾート旅行のためにとっておいたほうがよさそうです。

■セクシーも度をすぎれば下品に

・「パンツが透けてるようなスカートをはいてるファッション」(30歳/その他/技術職)
・「露出の多い服装。目のやり場に困るし、軽い人に見えてしまうから」(31歳/運輸・倉庫/営業職)

暑くて気分も開放的になる夏は、つい肌の露出も多くなりがちです。適度な露出であれば女性の色気を演出することもできますが、過度な露出は品のなさや性格の軽さを感じさせてしまうことにもなりかねません。露出は程よく控えめにするよう心がけたいですね。

■紫外線が気になるのはわかるけど

・「日傘や長袖など日焼け対策ばっちりで、見た目の格好が暑そうな格好」(30歳/医療・福祉/専門職)
・「暑苦しく、日焼けするのがいやなのがわかるが、全身そういうグッズで囲まれている子」(25歳/電機/技術職)

この季節、女性にとっての大敵は言うまでもなく紫外線。白く輝く肌をおびやかす脅威の存在を、UVケアグッズで完全にブロックしている人がいますが、もはや表情さえわからないその様子に、違和感を覚える男性も多いようです。

■まとめ

夏のデートは暑いからこそ楽しい一面もありますが、着ていくものには注意が必要です。夏を存分に楽しみたいという気持ちがちがう方向に向かってしまうと、彼のデートに対するモチベーションが一気に下がってしまうことも考えられます。彼と周囲から見たときの印象を第一に考えて、夏のデート服を選びたいものですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年7月にWebアンケート。有効回答数176件(22~38歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]