お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

専門家 婚活

【良縁遠ざけ女子】本当に必要な「自分みがき」、心得ていますか?

にらさわあきこ

「幸せな結婚につながるような恋愛がしたい!」と思っていても、なかなか「いい出会いがない」と嘆いている女性は少なくないはず。もしかしたら、自分では気がつかないうちに、出会いのキッカケを逃してしまっているのかも……。そこで、恋愛・婚活研究所主宰のにらさわあきこさんが、「良縁を遠ざけてしまうNG行動」を毎回ご紹介。解決のヒントをチェックして、素敵な異性を引き寄せる女性へと近づいて♪

●今回の良縁“遠ざけ行動”は?

「『自分みがき』にかける時間やお金が多すぎる」

「いい男と知り合いたいなら、いい女にならなくちゃ」「自分をみがいてこそ、男性に好かれる女性になれるハズだよね」というような思いから日夜、自分みがきにいそしんでいる女子のみなさん、こんにちは。「恋愛・婚活研究所」主宰のにらさわあきこです。みなさんが自分をみがこうと努力するのはよい心構えですが、「出会い目的」であるならば、内容には注意が必要です。ということで、今回の“遠ざけ行動”は、まちがった自分みがきについてです。

●美や仕事力UPは、モテとは無関係

「モテるために」または、「女子力アップのために」自分みがきをする人は多いですが、それが「美容アップ」方面や「仕事力アップ」方面のものだとすると、男性には評判がよくありません。がんばって美をみがいても、「派手な女性はちょっと引く」とか、「お金がかかりそう」と思われたり、スキルアップの努力をしても、「バリキャリオーラを漂わせている女性は恋愛対象にならない」と言われてしまったりするのです。

●女子力を誤解するべからず

せっかく努力したのにこんな扱いでは、みなさんもやってられないでしょう。そこで、出会いやモテを目的にするなら、努力の方向性を変えた方がいい。ではどう努力するかですが、目的にかなったものに変えるべく、モテるための「女子力」が何かを知っておくといいでしょう。

ズバリ言いますが、モテるための女子力とは、「美人であること」でも「女らしい格好をすること」でもありません。究極の女子力とは、「他人を思いやれること」であり、「自分の感情を素直に他人に伝えることができること」なのです。

●豊かな表現こそ、究極の女子力!

というのも、女性と男性では脳の作りがちがってまして、左脳と右脳をつなぐ脳梁(のうりょう)の大きさは、女性が20%も大きいと言われています。そのため、右脳で感じたことを左脳で認識したり言語化したりするのは、女性が得意とされています。両方の脳の情報を即座に行き来させることができるからです。

そこで、おいしいものを食べたとき即座に「おいしい」と口にできたり、うれしいことがあったとき笑顔で「うれしい」と言うのは、女性のほうがより得意です。また同じ理由で、相手の心を推し量り、それを動作に落とし込むのも女性が得意とされています。ゆえに、「女子力」とは、自分の感情を豊かに表現できることや、相手のことを推測し、「お疲れさま」などの言葉をかけてあげられることなのです。

●まとめ:「自分みがきにかける時間やお金が多すぎる」女性へのアドバイス

つまり、モテるために自分をみがきたいと思うなら、男性を思いやり、言葉をかけてあげる方向に力を注ぐのが大事です。がんばっている人を見たら、「お疲れさま」「がんばっていて、すごいですね」と声に出して表現する。おいしいものを食べたら先に、「おいしい」と笑顔で口にする。

「男性は何も言ってこないのに?」と思うかもしれませんが、自分から言葉をかけることができるのは、あなたが女性だからです。女性だけができる能力を発揮することこそ「女子力」なのだということを覚えてみがいていきましょう。

(文:にらさわあきこ イラスト:カツヤマケイコ)

お役立ち情報[PR]