お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

うっとうしいな(怒)! 男子が嫌がる「彼女からの注意」トップ5 「トイレの便座を……」

フォルサ

彼女からのうっとうしい注意5選!最初は大好きという気持ちで胸がいっぱいで、いい所しか見えていませんが、付き合ってしばらくたつと、相手のいろいろ癖や行動が気になってくるものです。言ってはダメだと思っていてもついつい注意してしまうこともありますよね? 男性はどんな言葉で注意されるとうっとうしく感じるのでしょうか? 実例をあげてもらいました。

■服装についてあれこれ言われる

・「服装にケチつけられる」(31歳/金融・証券/販売職・サービス系)

・「ファッションセンスに難癖をつけてくる」(24歳/食品・飲料/技術職)

・「身だしなみについて」(38歳/機械・精密機器/販売職・サービス系)

意外に多かったのが、服装に関するチェックは辞めてほしいという意見でした。男性としては、気にいってしているファッションなので口出しされなくないようです。でも、あまりにもTPOに外れていたりする場合はうるさいと思われても言うべきですよね。一緒にいるときは特に。

■食事のときのマナーについて

・「食事の食べ方」(29歳/機械・精密機器/営業職)

・「はしの持ち方について。ラーメンを早く食べられるように開発した持ち方なんだからやかましい」(35歳/金融・証券/事務系専門職)

・「食べ方に関する指摘。あまりに細かく注意されるとイライラしてくる。一緒にいて楽しめなくなりそう」(33歳/商社・卸/事務系専門職)

くちゃくちゃと音を立てて食べたり、食べ物を粗末に扱ってりなど、明らかなマナー違反は、注意すべきことです。ただ、言い方や頻度には気を使いたいですね。その後の展開では、結婚して毎日一緒にごはんを食べることなるかも。毎日気分悪くしたくはありません。

■片付けかたに文句を言われる

・「部屋の中について」(35歳/建設・土木/技術職)

・「『もう少し車の中きれいにして。』と言われると、『これでもかなりきれいにしてるほうだ。わかってくれ。』と心の中で思い、うっとうしいとたまに思います」(32歳/電機/技術職)

・「物をしまう位置がちがうといったこと」(30歳/建設・土木/営業職)

きちょうめんできれい好きな女性ばかりではないですが、男性のそれと比べるとどうしても一言言いたくなってしまいますね。ゴミがそのままにしてあるような部屋はともかく、雑然としていても、男性にしてみれば、意図をもって片付けてある場合もあるようです。理解してあげてもいいかも。

片付けとはちょっとちがいますが、こんな意見もありました。

・「トイレの便座の使用方法」(39歳/その他/技術職)

これは、男性にとっては大したことではないかもしれませんが、女性にとっては大問題です。最近では座って使う男性も増えたようですが、便座はキチンと元に戻してくれないと、危険です。面倒くさがらずに、男性陣には使用後は戻してほしいものです。

■同じことを何回も言われる

・「何度も何度も同じことを注意される」(37歳/機械・精密機器/営業職)

・「もう何回目!?」( 27歳/ホテル・旅行・アミューズメント/その他)

「何回も注意しても直してくれないから」という声が女性から聞こえてきそうですね。何回言っても繰り返すというのは、何を直したらいいのかわからないか、直すつもりがないということです。そこを話し合ったほうがいいのではないでしょうか。

・「話をしていて、『それ、前にも聞いた』『聞かされるの◯回目』のような指摘。流してくれよと思う」(32歳/学校・教育関連/専門職)

男性からはこんな声も聞かれした。ちょっとニュアンスはちがいますが、何回も同じことを言われるのは女性だって面倒に感じるんです。

■くせについての指摘

・「貧乏ゆすり」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

・「ちょっとした癖をいちいち指摘されること」(34歳/医薬品・化粧品/技術職)

・「テレビのリモコンをカチカチやってるとおころれる」(32歳/運輸・倉庫/技術職)

自分でも気がついていないこともあるのが「癖」なので、すぐに直すのは大変です。貧乏ゆすりなどのあまり格好良くない癖は彼氏なら、なおさら直してほしいので注意していまいます。時間がかかることですが、あまりにも細かくいうと意地になってしまうかもしれないので逆効果になるかも。

■こんな意見もありました

・「性格の否定」(30歳/その他/事務系専門職)

・「前の彼氏はこうだった、的な言い方」(26歳/学校・教育関連/専門職)

・「上から目線」(31歳/機械・精密機器/技術職)

・「その場で注意するんじゃなく、後日そういえばみたいに注意されるとうっとうしい」(25歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

うっとうしいを越えて、傷付けている言い方もありました。注意する言葉や仕方は考えたいですね。

■まとめ

彼氏の行動が何かと気になるので、口を挟みたくなるのが女性です。もっとすてきな男性になってほしいから、相手を思いやっての注意もあるんです。とはいえ、一緒にいる最中に、ずっとほそぼそとあれこれ言われるのはつらいし、言う方だって気分が悪くなりますよね。彼の口うるさい母親ではなくて、彼女のポジションにいるためには、注意するべきことと、しなくてもいいことを見極めることが大切ですが、その言い方も気をつけたいですね。

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年6月21日~6月28日
調査人数:101人(22歳~39歳の男性)
※画像はイメージです

(フォルサ/岩崎弘美)

お役立ち情報[PR]