お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

コラム カップル

【妖怪女ウォッチ】File10: ただしイケメンに限るモテ女子

ぱぷりこ

「自分は普通の常識人」それは認知の歪みです! 私も妖怪、あなたも妖怪、みんな妖怪。分析妖怪ぱぷりこが、恋するアラサー女子の中に潜む「妖怪女」の特徴、思考回路、進化予想、お祓い方法を解説します。楽しくウォッチして、必要ならば供養しましょう。

分析妖怪ぱぷりこが、恋するアラサー女子の中に潜む「妖怪女」の特徴、思考回路、進化予想、お祓い方法を解説します。楽しくウォッチして、必要ならば供養しましょう。今回は顔面偏差値至上主義で、自身もモテる妖怪の登場です。

■「ただしイケメンに限るモテ女子」の基本スペック

●分類群

モテ目 ミーハー科

●危険度

★★★☆☆

●特技

ジャニーズ・韓流アイドル追っかけ、秒速イケメン判定

●生息地

アパレル業界、音楽業界、美容業界など、外見を重視する職業における接客業に多い

●生息地における遭遇率

10~20%

●特性

・イケメン大好き!
・ジャニーズなど、学生時代の頃からディープにアイドルファン。社会人になってから韓流アイドルファン。
・追っかけをやっている・やっていた
・いつかアイドルと結婚すると本気で思っていたことがある・現在進行形で思っている
・感情ドリブンで突っ走り、後先は考えない
・思考や分析は苦手。勉強もあまり好きじゃない
・仕事柄、服装には気を使っているしメイクも得意
・それなりにモテる
・明るく社交的。人見知りをしない
・寂しがり屋で1人でいられない。誰かにいつでもかまってほしい
・女子会が大好き
・仕事柄、そこそこ出会いはある
・ダサい男、顔面偏差値が低い男は目に入らない

■詳しい生態

ただしイケメンに限るモテ女子は、そのかわいさと高い社交性ゆえに、若い頃は高ヒエラルキーに属していたタイプです。明るく社交的なため友だちも多く、男子たちとも対等に話せるため、モテます。「勉強とかわかんないから教えて?」と言えば教えてくれる男性は数知れず、合コンでも目立ちます。

10代の頃から生粋のアイドルファンであることが多く、話す内容は90%がアイドル、芸能人、テレビ、ドラマ、ファッション、美容、恋愛、最近見かけたかっこいい人の話題。共通の話題がないと長時間話すのはきついですが、とりあえず恋愛の話をすれば間違いはありません。モテ女子の中では表裏がないタイプなので、女友だちとしてはそこそこ付き合いやすいです。

彼女たちはコミュニケーション能力が発達してるので、10代の頃は社交界において圧倒的な強さを誇りますが、社会人になってからの恋愛は前途多難になることが多いです。

人生のハードルを上げているのが、彼女たちのミーハー趣味。ただしイケメンに限るモテ女子は趣味でイケメンを追いかけ、仕事でもプロのモデルやアイドルレベルのイケメンを間近で見る機会があるため、とにかく「普通の顔」のハードルが高いです。世の中の90%の男性は「ブサイク」「ダサい」ため、そもそも目に入りません。

そうすると、必然的に上位イケメンのみが恋愛ターゲットになります。ですが彼女たちが所属するアパレル・美容・芸能・音楽業界はもともと「外見」を重視する人が多く、当然ながらそこで出会うイケメンは激戦区中の激戦区。

ただしイケメンに限るモテ女子はかわいいため、激戦区でもそこそこ高い戦闘力を誇りますが、遊び相手・セカンド・浮気・不倫とは切っても切れない関係です。恋愛が始まるパターンとしては、ほれ込んだイケメンのセカンドに居座り、「あの女と別れて私と付き合って!」と言って別れさせ、正式彼女のポジションに居座ることが多いです。

しかしこのようにセカンド・遊び相手から始まる恋愛では、「今は私が彼女だけど、自分の時と同じように浮気するのでは」という不安が付きまといます。かつ「自分が1番でなくてはいけない」と思っているため、浮気などは許せません。そのため、イケメンと付き合うとこのタイプは束縛が強くなり、重いと思われ、実際に浮気されて激怒・修羅場の別れ…というパターンを繰り返します。

しかも彼女たちはなまじモテ戦闘力が高いため「押せばどうにかなる」と思ってる節があり、失敗してもほとんど反省・内省・自己分析をしません。反省をする前に新しいイケメンを見つけてしまうか、アプローチを受けることも悪化要因となります。そのため「同じようなクズイケメンにほれ続ける」という失敗パターンをアラサーになるまで繰り返します。

結婚願望は高いのですが、ほれる相手が「結婚したくないクズイケメン」ばかりのため、なかなか結婚までに至りません。イケメンにももちろん穏やかで賢いノンクズイケメンはいるのですが、彼らは「かわいいけど重い」「かわいいけど学習しない」彼女たちを人生のパートナーには選ばない傾向にあります。そのためどうしても「クズイケメン」の激戦区にとどまり続ける、という構造が出来上がります。

彼女たちが結婚するパターンはクズイケメンとのでき婚が多く、結婚した後も修羅場は続きます。

■見つけ方

彼女たちはとても素直で、自分のことを隠さないため、見つけることは割と簡単です。

アパレル・芸能・音楽関連の人が主宰するイベント、クラブ、パーティーなどによく出没する、女子会をしょっちゅう開催している、歩いている時に「あの人カッコよくない!?」と言い出す、大好きなアイドルの話をしまくるなどの特徴があれば「彼氏ってどんな人?」と恋愛の話題をズバリ振ってみましょう。恋愛話は大好物なので、ものすごい勢いでしゃべってくれます。

■妖怪化を防ぐ方法

有効な予防方法は、ひどい別れ方をした時に「何がダメだったのか」ときっちり反省・振り返り・問題分析を行うことです。

残念ながら、ただしイケメンに限るモテ女子は「1人でいるのがイヤ、考えるのとか思考とか面倒くさくて苦手」という人が多いため、女子会で「あの人ひどくない!?」「ひどーい! クズー!」と大騒ぎして号泣するだけで終える人が多いです。

誰でも若い時は失敗するし、イケメンは目の保養だからイケメン好きなのは問題ありません。しかし、「結婚したい」「浮気は絶対に許せない」という思いがあるにもかかわらず、恋愛パターンとしては「浮気上などのクズイケメン」ばかりを引く構造になっていることが問題です。

もし予防したいなら、過去の恋愛を振り返り、問題点を洗い出し、「自分はイケメンと結婚することが譲れないトッププライオリティなのかどうか」を振り返ることです。

イケメンじゃないと絶対に無理! というのであればしょうがない。たとえ修羅の道でも、浮気セカンド地獄を覚悟して進んでいくべきです。一方で「イケメンしか無理だと思ってたけどそうじゃなかった」という場合も存在します。その場合は、ぐっとパートナー候補の幅が広がるでしょう。

どちらにせよ、まずやるべきは振り返りです。「自分1人ではできない」というのであれば、データ分析、問題分析などが得意な友人に助けを借りましょう。

(文:ぱぷりこ イラスト:ほそえあみ/OFFICE-SANGA)

★次回は7月14日(木)逢魔時※17時に更新予定です。お楽しみに!

バックナンバーはこちら

お役立ち情報[PR]