お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

専門家 婚活

【良縁遠ざけ女子】あなたがパートナーに求めるその条件、本当に必要ですか?

にらさわあきこ

「幸せな結婚につながるような恋愛がしたい!」と思っていても、なかなか「いい出会いがない」と嘆いている女性は少なくないはず。もしかしたら、自分では気がつかないうちに、出会いのキッカケを逃してしまっているのかも……。そこで、恋愛・婚活研究所主宰のにらさわあきこさんが、「良縁を遠ざけてしまうNG行動」を毎回ご紹介。解決のヒントをチェックして、素敵な異性を引き寄せる女性へと近づいて♪

●今回の良縁“遠ざけ行動”は?

「パートナーに求める条件が多すぎる」

「ルックスにはこだわらないわ」「いい人だったら、誰でもいいの」と口では言っているものの、実際に誰かを紹介されると、「太っている人だけは困る」とか「大学は出ていてもらわないと」などと条件をどんどん増やしてしまう。でも、条件が多ければ多いほど、該当する人は減っていくわけで……。

ということで、今回の“遠ざけ行動”は「パートナーに求める条件が多すぎること」です。

●恋愛要素に結婚要素を足したら条件は増えるだけ!

学生時代までならば、ちょっと「いいな」と思っただけで恋に落ちてきた人でも、結婚を意識しはじめると、相手に求めるハードルが途端に高くなってしまうもの。

昔なら、好きになれる要素だけを男性に求めればよかったのに、今や「結婚相手としての要素」までもが加算されてしまうので、面倒なことこの上ありません。

「もう恋愛なんていらないの」「ときめきよりも結婚相手としての条件に合うかどうかよね」と最初こそ誰でも言うんです。だけど、いざ現実の男性を前にすると、「やっぱり好きになれる要素もほしいかも」「悪い人ではないんだけど……」と思う。条件を上げれば上げるほど、「そんな人などいない」となるのもわかってはいるのですが……。

●「好きな人と結ばれたい」というのは自然な感情

そんな方には、「恋愛なんていいの」という“思い込み”を捨て去ることをオススメします。

なぜかというと、「誰でもいいの」と言っている人で、本気で誰でもいいと思う人になど会ったことがないからです。

「恋愛はいい」というのは、「激しいときめき」「熱い思い」がいらないというだけのこと。

「好き」な人と結ばれたいと思うのは、当たり前のことなのです。

だから、自分の本音にフタをして無理するのをまずは止める。その上で、「どういう人に心惹かれるか」をシンプルに感じていけばいいのです。

●本当に必要な条件は、“感情”が教えてくれる

そもそも、みなさまの条件がどんどん増えていく理由は、「結婚相手としての条件」に縛られているからでしょう。でも、その条件のほとんどは「必要ないもの」だったりするのですね。

たとえばお金。あなたは本当に「年収600万円稼ぐ」旦那様が必要ですか? その値段は単に世の中の通念に惑わされたものではないですか? または学歴ですが、あなたがこれまで好きになってきた人は全員が高学歴でしたか?

「こういう人と結婚したら、友だちにどう思われるか」とか「結婚するならこうでなければ」という考えは捨ててしまいましょうよ。

だって「あなたの結婚」をするのは、ほかならぬあなた自身なのだから。

世間一般で「必要」とされる条件を取り入れる必要なんてないのです

●まとめ:「パートナーに求める条件が多すぎる」あなたへのアドバイス

「相手に求める条件が多い」と思っているのなら、これからは、あなたが本当は「どうでもいい」と思っている要素は、条件にあげないほうがいい。まずは条件にとらわれないで大勢の異性と交流してみましょう。すると、そのうちに「この人はいいな」と思える男性がきっと目の前にあらわれます。

その「いいな」とあなたが思う人。それが、あなたの条件を満たす人です。

あなたに必要な「条件」はあなたの感情が教えてくれる……。そう信じて、いろんな人たちと広く交流していきましょう。

(文:にらさわあきこ イラスト:カツヤマケイコ)

お役立ち情報[PR]