お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 婚活

「結婚しよう」……LINEでのプロポーズはあり? なし?

ファナティック

一生に一度のプロポーズ。恋人からのプロポーズがそろそろかなと思っている女性にとっては、どんな風にプロポーズしてもらえるのか待ち遠しい瞬間でもありますよね。では、そのプロポーズがLINEで送られてきたとしたら。今回は、LINEでのプロポーズをどう思うか、女性たちに聞いてみました。

Q.あなたは、LINEで「結婚しよう」とプロポーズされるのは、ありですか? なしですか?

「あり」……6.7%
「なし」……93.3%

LINEでのプロポーズが「あり」という女性はかなり少なめ。では、それぞれの理由を見ていきましょう。

<「あり」と回答した女性の意見>

■言ってくれるだけでうれしい

・「さりげなく会話の中で言ってくれるのはいいですが、あとで会ってちゃんともう一度プロポーズはしてほしい」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

・「できれば直接がいいけど、なかなか切り出してくれないときならLINEでもうれしい」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「手っ取り早いし、そのあとに電話できるから」(22歳/金融・証券/事務系専門職)

LINEであろうと面と向かってであろうと言われていることは同じ。うれしさに変わりはないということのようです。彼が恥ずかしがって、なかなか口にしてくれないとじれったく思っているときならうれしさもひとしお。ただし、あらためて別の機会にもプロポーズはしてほしいようです。

では、LINEでのプロポーズはナシだと思う女性にも理由を聞いてみましょう。

<「なし」と回答した女性の意見>

■一生に関わることなのに軽すぎる

・「一生に関わる大切なことなのでLINEでは絶対にないと思う」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「一生を変える一大イベントでLINEは軽すぎる。ふざけてるとしか思えない」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

・「人生に関わることなのにそんな親指だけの気持ちのこもっていないプロポーズは嫌です」(24歳/金融・証券/営業職)

自分にとっても相手にとっても一生を左右する大事な瞬間。それがLINEを通じてというのでは、あまりにも軽すぎると感じるようです。普段から気軽に使っている連絡ツールだけに、プロポーズでLINEを使われると言葉の重みを感じることができないようですね。

■彼への信頼も失くしそう

・「手描きでもない文字だけでプロポーズはがっかり。そういう大事なところでコミュニケーションが取れない人はこれから先も期待できないので、別れたほうがいいと思う」(28歳/建設・土木/技術職)

・「とても重大なこと。直接言えないのは信頼できない」(28歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

・「誠意が伝わらないから」(28歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

LINEでプロポーズできる人だったのかと彼に対してガッカリしてしまう人も。どんなに忙しくても、照れがあってもプロポーズという重大な瞬間は直接向き合って迎えてほしい。そういう気持ちがわからない男性との結婚に対しても不安を感じるのかもしれませんね。

<まとめ>

プロポーズの言葉はうれしいけれど、それをどんな方法で伝えられるかによってうれしさよりも相手への不信感が募ることも。LINEに関しては、かなり普及してるとはいえイメージ的に大事なことを伝えるものではないというのがあるのかも。2人の将来にとって大事なことだし、女性にとってのあこがれとも言える「プロポーズ」。言葉だけでなく、彼の表情や仕草などすべてを大切な思い出として心に刻んでおくには、LINEでは物足りなく感じるということなのでしょうね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年6月17日~6月23日
調査人数:150人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]