お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

【男女のちがい】あまりタイプじゃない相手との「お試し交際」はあり?⇒ありが多いのは〇性!

ファナティック

男女が心を通わせるまでには、さまざまなパターンがあります。一目で相手を気に入って恋愛モードに突入する人もいれば、最初はそれほど気にならない存在でも、だんだんと交流を深めていくうちに相手に好意を持つようになることもあるでしょう。自分の好みではない人とのお試し交際について思うことを、社会人の男女に聞いてみました。

Q.そんなに好みではない異性との「お試し交際」はあり?

【女性】
あり……39.0%
なし……61.0%

【男性】
あり……46.1%
なし……53.9%

男女とも、「なし」と回答した人が多い結果となりました。早速理由を男女別に見てみましょう。

<女性の意見>

■自分の気持ちには正直でいたい、相手に対しても失礼

・「本気で好きにならないと交際できないので、お試しでは交際できないです」(37歳女性/医療・福祉/専門職)
・「相手に余計な時間と愛情を奪うわけにはいかない。その間に、ほかに真剣に好きな人ができたときに、疑われたくない」(38歳女性/その他/その他)
・「はじめるより別れるほうが大変なので、慎重に相手を選びたい」(34歳女性/商社・卸/営業職)

相手への気遣いから「お試し交際はなし」と考える人も少なくないようですね。また、お試し交際のネガティブな面を考えると、費やした時間やお金がもったいない。といった意見もありました。

■交際してみることで、意外な一面がわかる?

・「お試しで付き合ってみて、本当に好きになれた経験がある。逆に最初すごく好きでも付き合ってすぐ冷めることもある。付き合ってみなくてはわからないから」(33歳女性/生保・損保/販売職・サービス系)
・「ほかに好きな人がいないなら、あり」(30歳女性/小売店/販売職・サービス系)
・「付き合うことでいいところも見えてくると思う。 自分は面食いなのでストライクゾーンが狭い。告白される人はだいたいストライクゾーン外!! そこからお試しで付き合ってみて1年続いたことがある」(27歳女性/生保・損保/営業職)

少し顔を合わせただけでは、相手がどんな人なのか、くわしく知ることは難しいですよね。お試し交際をすることで、いい面や意外な面を知ることができる可能性もあります。ですが、自分はお試しのつもりでも、相手が本気だったら……。そう考えると、お試し交際にも一定のリスクがあることがわかりますね。全面的に気持ちが向いていない分、ほかに好きな人ができる可能性も十分にあります。そのときになってすぐに別れられるのか、そもそも好きでもない人と交際を楽しめるのかなど、お試し交際にもさまざまな問題があるようです。

<男性の意見>

■お試し交際の必要性を感じない、時間とお金がもったいない

・「付き合うのにお試しはない。遊びか付き合うかの二択」(32歳男性/情報・IT/技術職)
・「お試し交際の意味がわからないし、時間の無駄だと思う」(29歳男性/建設・土木/その他)
・「付き合ってみて好きになるというのも考えられるけど、もう若くもないので、そういうのはしたいと思わない。10代20代前半なら経験としていいかもしれないけど。ただ、その付き合いの間に、本命との出会いを逃すかもしれないって考えるから、最初から好みではない人とはあまり付き合ってこなかった」(32歳男性/情報・IT/その他)

男性からは「お試し交際なんて、無駄ではないか」という声も。異性との交際には少なからず時間とお金を使います。それが意味のあるものになるのか、ただの浪費で終わるのかは自分にとっての相手の価値によるもの。パートナーとして魅力を感じない相手との交際は、ただ自分を消耗するだけだと感じる男性も多いようです。消耗するくらいなら、もっと有意義な使い方をしたいと考えるのも当然かもしれませんね。

■お試しすることで、経験を積む

・「色んな人と付き合って色んな経験をしたほうがいいと思うから」(34歳男性/医療・福祉/専門職)
・「恋愛下手な人には慣れるのにいいと思う」(27歳男性/食品・飲料/営業職)
・「どんなところから好きになるかわからないから」(31歳男性/情報・IT/事務系専門職)

「お試し」だからこそ、恋愛の経験を積めるという意見も挙がりました。交友関係も広げられそうですし、自分でも思いがけない相手との共通点を知ったり、相手の一面に惹かれたりすることもありそうですよね。

■まとめ

お試し交際から真剣交際に発展するケースもないわけではありません。現に、婚活を本格的にするとなれば、お試し交際は避けては通れない場合もあります。たとえお試しであっても、交際するからには「相手をもっとよく知ろう」「自分のことをもっとよく知ってもらおう」という気持ちを持つことが大切ですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年5月にWebアンケート。有効回答数女性159件男性191件(22歳~39歳の働く男女)

お役立ち情報[PR]