お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

大好きな彼女にデレデレ! ベタ惚れ彼氏の特徴と注意点

藤奈子

彼氏がベタ惚れすぎて、なかには困ることも

彼氏にベタ惚れされることはしあわせなことにも思えますが、愛されている女性たちはちょっと困ってもいるようです。ここでは、そんな女性たちがどんなことに困っているのかをご紹介します。

ベタ惚れ彼氏に困ったことはある?

Qベタ惚れ彼氏と付き合って困ったことはありますか?

ある(62.7%)
ない(37.3%)
※有効回答数220件(「自分にベタ惚れな彼氏と付き合ったことがある」と回答した人)

ベタ惚れ彼氏と付き合って困った経験があると答えた女性は、過半数を超える結果となりました。実に6割を超える女性が、むしろ困ってしまったことがあるようです。

ペタ惚れされて、実際に困ったエピソード

束縛される

・「嫉妬や束縛がエスカレートしてきたところです」(22歳/その他/事務系専門職)

・「束縛が強かった。何かにつけて余計な心配をされる」(34歳/その他/販売職・サービス系)

人前でスキンシップされる

・「人目を気にせず、キスとか手つなぐとか、恥ずかしいからやめてほしかった」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「街中でもベタベタくっつかれるのが困る」(22歳/小売店/販売職・サービス系)

温度差を感じる

・「彼氏の好きと私の好きの温度差が激しいときに、好きと言われると困ることがある。」(29歳/商社・卸/その他)

・「温度差がありすぎて、自分の気持ちが冷めているときに確認されると逃げたくなった」(31歳/金融・証券/専門職)

頻繁に連絡がくる

・「連絡が頻繁すぎてめんどうになる。週に何回も会いたいと言われる」(30歳/学校・教育関連/専門職)

・「毎日の電話は少しめんどうに思っていた」(30歳/医療・福祉/専門職)

ベタ惚れ彼氏の頻繁なLINEやメール、電話などの連絡が迷惑と感じることも。また、愛されているがゆえの束縛にも苦しんでいる様子。彼女のことが好きすぎて、公共の場にもかかわらず、過度なスキンシップを求められて恥ずかしいといった意見もありました。また、彼氏はこんなに自分のことを愛してくれているのに、自分は同じくらい愛せていないということに、心苦しさを覚えている女性が想像以上に多いという印象でした。

ベタ惚れ彼氏と付き合う上での注意点

適度な距離感を保つ

・「温度差を同じにする部分もあれば、自分は少し引いてみたりする」(24歳/医療・福祉/専門職)

・「適度な距離感をもつ。自分の意見をきちんと言う」(33歳/建設・土木/事務系専門職)

感謝する

・「相手に対して感謝とやさしい気持ちを持ち続けること。愛してもらえることは当たり前じゃない」(31歳/通信/事務系専門職)

・「ありがとうと感謝の言葉を何度も言う」(23歳/金融・証券/営業職)

受け流す

・「当たらず障らず、適当に対応すること」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「適当にあしらう。そのうちベタ惚れピークが落ち着いて、こっちが惚れている状態になるのでうまく立ててあげる」(33歳/医薬品・化粧品 /技術職)

それぞれの時間を確保する

・「お互いに将来を話し合っておく。それぞれの時間を持つ」(34歳/学校・教育関連/専門職)

・「お互いの時間や適度な距離感を保つこと」(30歳/医療・福祉/専門職)

ベタ惚れ彼氏と付き合うことが負担になってしまうこともあります。そのため、適度な距離感と自分の時間をキープする、また過度な愛情表現を受け流すことも大切みたいです。愛してくれていることに、感謝の気持ちを忘れないようにしようというアドバイスもありました。

次ページ:ベタ惚れ彼氏を大事にしてあげて

SHARE