お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
デート・カップル

「自分勝手」「浮気性」……別れて良かったとつくづく思う元カレって?

ファナティック

恋愛には出会いもあれば別れもあります。もちろん、ダメな彼とはすぐにでも別れたいものですよね。そこで今回は働く女性に、別れて良かった元カレにどんな人がいたかを聞いてみました。

■自分勝手

・「自分勝手な人でした。相手に合わせなきゃと思いつつ無理でした」(33歳/小売店/その他)

・「自分のことしか考えない、お金持ちの家に生まれたお坊ちゃん。そのわりにケチで奢ってくれることもほぼなし。人の気持ちをわかろうとしない人でした」(24歳/小売店/販売職・サービス系)

・「自分中心で、することが自己満足」(29歳/その他/秘書・アシスタント職)

自己中心的な男性と一緒にいると、相手のことばかりを考えなければなりません。尽くすことに喜びを感じる人であればよいのですが、それほど多くはいませんよね。

■浮気性

・「浮気がバレても懲りずに繰り返していた」(34歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「浮気をされたと思いきやこちらが浮気相手だった」(25歳/自動車関連/販売職・サービス系)

・「浮気症。二股、三股で散財したあげくセフレが5人程いることがわかり幻滅しました。証拠がハッキリとしているのに最初は認めなかった潔くないないトコロも最低でした」(30歳/建設・土木/その他)

何度も浮気をする人は、相手に対して大切にしようという気持ちが欠けていると言えます。一度であれば過ちということもあるかもしれませんが、何度もとなると、一緒にはいられませんよね。

■お金にだらしない

・「お金を借りてだらしない人。ルーズな面は直らないから」(32歳/その他/販売職・サービス系)

・「金銭感覚がおかしい奴。同い年なのにイタリア紳士を気取ってた」(24歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「お金にだらしなく借金があった」(26歳/医療・福祉/専門職)

お金に関してルーズは人は困りものです。付き合っているだけならまだ良いのですが、結婚を考えると、その後の生活において、金銭感覚は大切になります。

■ケチ

・「ケチだった。割り勘は当たり前で、時々おごらされる。家へ呼ぶときは家政婦代わり。よく妹や元カノと比較された。喧嘩しても謝らない」(32歳/学校・教育関連/専門職)

・「ケチで別れ際に手切れ金をとられた」(25歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「ケチな人で、外食もホテル代も全てこちらが負担していたし、5年付き合って結婚は考えていないと言われた」(25歳/その他/その他)

多少のケチなら、節約といった点ではいいのかもしれません。ですが、あまりにもケチな場合、私よりもお金のほうが大切なのではと思います。大切にされていないのであれば、一緒には居たくないですよね。

別れて良かった彼氏というのはいろいろなケースがありますが、共通して言えるのは、自分のことを大切にしてくれないといったところでしょうか。自分が大切に思っても、思ってくれないのであれば、長くは続きませんよね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年4月にWebアンケート。有効回答数375件(22〜34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]