お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

友だちだけど……友だちの恋愛がうまくいってなくて「ザマーミロ!」と思ったことある女子⇒〇〇%

ファナティック

人の不幸は蜜の味、という言葉もありますが、いけない、とは思いつつ、人がつらい思いをしている話を聞くとついつい、ワクワクしてしまう、なんてこともありますよね。特に、恋愛についての話を聞くと、「ザマーミロ!」なんて思ってしまうときもあるかもしれません……。そこで今回は働く女性たちにこんな質問をしてみました。

Q.友だちの恋愛がうまくいかなくて、ザマーミロと思ったことはある?

「ある」……16.7%
「ない」……83.3%

「思ってしまったことがある」と答えた人が、約8人に1人ほどいるようですね。では、どんなシチュエーションや、話を聞いて、そう思ってしまったのか、詳しく教えてもらいましょう。

■私が幸せじゃないのに……

・「自分があまり幸せじゃない時期だとど、うしても思ってしまう。友だちが彼氏とケンカした話などを聞くとちょっとうれしくなる」(25歳/食品・飲料/専門職)
・「自分がなかなか彼氏ができなくて、そんなときに、彼氏ができたとウハウハな友だちだけど、実は二股かけられてたとき」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「私の好きな人に告白して、振られていた友だち」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

自分の気持ちが落ち込みがちのときに、幸せな話を聞くと、相手に悪意がなくてもねたましく感じやすいもの。逆に、不幸な話を聞くと、反射的に、落ち込み仲間ができたことがうれしくなってしまうのかもしれませんね。

■嫌な印象を受けていると……

・「散々自慢されてうんざりしていたので、振られたときはスカッとした」(35歳/その他/営業職)
・「いつも自慢していたエリート男性が相手だったので、友人なんかにはもったいないと思っていた」(31歳/金融・証券/事務系専門職)
・「意識高い系のカップルで、いちいち人を見下すような人たち、修羅場みたいになって別れたらしくザマーって思った」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)
・「私の彼氏のことを散々ばかにしていたので、そういう人には自分がやったことが返ってくるんだよって思った」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

心から好きだと思える誠実な友だちが、恋に失敗して落ち込んでいたら、励ましたくなりますが、どうではなくて、幸せ自慢がちょっと嫌みに感じていた友だち相手なら、少し気分がスカッとしてしまうのも、当然と言えば当然なのかもしれませんね。

■道ならぬ恋をしていた友だちに

・「友人の恋愛状況が不倫だから。自分は既婚なので、うまくいかなければいいのにと願うばかりです。不倫相手と別れて早くいい人を見つけてほしい、という気持ちからそう思っています」(29歳/生保・損保/専門職)
・「浮気がバレて修羅場になったと聞いたとき」(27歳/不動産/事務系専門職)
・「人の恋人を奪うのが好きな友だちが、既婚者と不倫して奥さんに慰謝料を請求されていたのを見たとき」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)
・「不倫をしている友人が、最近別れたと悲しそうにしていてそう思った。不倫なんかしてるのが許せないから」(29歳/ソフトウェア/技術職)

誠実な恋をしている人は応援したくなりますが、誰か意図的に人を傷つけたり、裏切っていたりする恋ならば、たとえ友だちでも、応援はしづらいもの。別れろ、とまではなかなか直接は言えませんが、別れた、と聞いたら、ホッとすると同時に「ザマーミロ」と思ってしまうかも。

■まとめ

人の不幸を喜ぶことは、あまりいいものではありませんが、ときに人は、悪いことだとは思っていても、こういう感情を抱きやすいもの。でも、できることなら、こういう感情を持つ必要もないくらい、常に幸せな気持ちで満たされていたいものですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年4月にWebアンケート。有効回答数150件(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]