お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

その油断が命取りに!? 男性が語る「彼女を異性として見られなくなった原因」4選

ファナティック

ケンカ好きで好きで仕方なかった恋人への愛情が、驚くほどなくなってしまったという経験はありませんか? 100年の恋も冷める瞬間というのは、案外些細なことだったりするようです。今回は男性のみなさんに「彼女を異性として見られなくなった原因」について聞いてみました。

■ボーイッシュすぎた

・「性格が男っぽかった」(29歳/自動車関連/技術職)

・「話し方、仕草がボーイッシュすぎた」(38歳/その他/技術職)

・「友だちのような接し方をされたとき」(33歳/情報・IT/事務系専門職)

女性らしさに惹かれてお付き合いしたのに、彼女がだんだん男性に近づいてきたんですね。本来の性格が表れたのかもしれませんが、彼に男っぽいところを見せすぎると困ったことになります。彼の男友だちと同じように思われてしまうんですね。格下げ間近かも。

■彼女の容色が衰えた

・「外見が変わってしまった」(29歳/情報・IT/営業職)

・「部屋着ですっぴん状態の彼女を見たとき」(35歳/建設・土木/技術職)

・「おしゃれをしなくなった」(29歳/建設・土木/事務系専門職)

女性の美しさを評価する男性は多いです。最初はキレイな彼女でも、容色が衰えてしまうと残念なものです。加齢は仕方ありませんが、手抜きは問題アリですよね。彼との関係に安心して手抜きばかりしていると、ほかの女性に目移りされてしまうかもしれませんよ。

■恥じらいをなくしてしまった

・「羞恥心がなくなってきたとき」(32歳/食品・飲料/技術職)

・「オナラを人前でする」(28歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「鼻毛が出ていたときは引きました」(36歳/学校・教育関連/事務系専門職)

行動にはイメージがあります。例えば、お父さんがアヒル口をしてみせても気持ち悪いですよね。逆に、女性のはずなのにお父さんのようなオナラをすると評価がガタ落ちです。一気におじさんになってしまうので、油断しないようにしましょう。

■家族のようになってしまった

・「長く付き合って飽きてきたとき」(37歳/機械・精密機器/販売職・サービス系)

・「付き合いが長くなって慣れすぎたこと」(30歳/機械・精密機器/技術職)

・「一緒にいることに慣れてきて、だらけている姿を多く見かけるようになったとき。仕方ないのかもしれないが、ちょっと残念な気持ちになる」(32歳/学校・教育関連/専門職)

家族同士で恋愛や結婚はできませんよね。長く付き合っている彼女だと、家族のように思えてしまって気持ちが冷める男性もいるようですね。長過ぎた春ということでしょうか。期間を定めるなど、同棲は計画的に行ったほうがいいかもしれませんね。止めどきが肝心です。

■まとめ

彼からオンナとして見られなくなったらどう思いますか? 不名誉ですよね。結婚している夫婦の間でも営みがないなど、問題になっている昨今。結婚しないうちから女性扱いされなくなるのは、かなりの問題ですよね。ご紹介したしぐさや行動はとらないようにしたいですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年3月にWebアンケート。有効回答数104件(22歳~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]