お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 スキンケア

美肌のカギは「血管力」! 皮膚科医に聞く「春荒れ肌」の原因と対策

友利新

春になり、入学や入社、異動や昇進など、生活環境の変化からストレスを抱える人も多い季節ですが、春に肌トラブルを感じる女性もいるようです。読者のなかにも中間管理職の立場として、身も心も疲れている人もいるのでは? ストレスを感じやすい人ほど、肌トラブルを春に感じる人の割合も高いという調査結果も出ています。皮膚科医で女性のスキンケア事情にも詳しい友利新先生に春の肌トラブル、いわゆる“春荒れ肌”の原因と対策について話を聞きました。

春荒れとは?

女性の健康力向上を通した社会の活性化への貢献を目指す「ウーマンウェルネス研究会supported by Kao」が首都圏在住の20~50代女性(842人)を対象に意識調査を実施したところ、春に肌のトラブルを感じる人は66.6%と、7割近い人が春になんらかの肌トラブルを経験したことがありました。具体的な肌トラブルとしては、1位「乾燥」(49%)、2位「かゆみ」(48.3%)、3位「吹き出物」(28.5%)が挙がりました。

春荒れの原因

(1)ストレス

春は環境の変化によって「ストレス」を感じやすい季節。アラサー世代は、働き盛りでがんばらないといけない世代で、独身の人もいれば結婚している人もいて人によってライフステージはさまざま。いろいろな場面でストレスを受けているともいえます。ストレスがかかることで自律神経が乱れると、肌のバリア機能が低下、春肌荒れの原因になってしまいます。

(2)紫外線

紫外線を長年浴び続けることで肌のシミ、シワ、たるみなどが引き起こされる老化現象を「光老化」といいます。光老化の原因のひとつが、UVA(紫外線A波)です。4~6月は真夏と同じくらいの量のUVAが降り注いでいますが、夏と比べ日差しも強くない春はついつい油断して紫外線対策を怠りがちになり、肌トラブルにつながると考えられます。

「美肌」のカギは血管力?

「血管力」とは?

ストレスで交感神経が優位になると、末梢の血流が悪くなり、「血管力」を低下させることになります。 血管力とは気温差といった外部環境の変化に応じて、血流を調節する能力のことで、血管力が低下すると、必要な酸素や栄養分が肌までいきわたらず、老廃物の代謝も低下するため、肌荒れが起こりやすくなります。

紫外線のリスクもアップ!

血管力が低下することで、ターンオーバーがうまくいかず、肌のバリア機能が低下。すると肌は紫外線の影響を受けやすくなってしまい、ストレスに加え二重のリスクにさらされているといえます。

美肌の土台“血管力”チェック

美肌のためには血管力を高めることが大事だということがわかりました。自分の血管力をチェックしてみましょう。

□ ストレスを感じやすい
□ 肩がこる
□ 手足の冷えを感じる
□ 肌のくすみを感じる
□ 疲れやすさを感じる
□ 肌の乾燥を感じる
□ 寝不足である
□ スマホや PC が欠かせない
□ シミが増えてきた
□ 入浴はシャワーだけですませがち

5個以上該当:血管力が低下している可能性大。美肌のため、すぐに血管力を高める対策をしましょう。
3~4個該当:要注意。血管力アップで、より美肌に近づきます。
0~2個該当:血管力低下の心配はありません。

(監修:友利新、取材・文:マイナビウーマン編集部)

      次ページは春荒れ肌を防ぐポイント

お役立ち情報[PR]