お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

お金が全てじゃない! 「金欠年下彼氏」のカワイイエピソード

ファナティック

社会人経験の短さに比例して、まだまだ収入も低いことが多い年下彼氏。でも、そんなときでも自分のために色々と工夫してプレゼントをしてくれたり、デートプランを考えてくれたりすると年上彼女としては「かわいい!」と感じてしまうようです。今回は、金欠年下彼氏をかわいいと感じたエピソードについて聞いてみました。

手作りプレゼントがうれしい

・「プレゼントを買おうとしたが、お金が無かったので、手作りした」(33歳/電機/事務系専門職)

・「誕生日に物じゃなくて手紙をもらってうれしかった」(26歳/農林・水産/技術職)

・「お金がなかった彼氏が彼女の誕生日にホットケーキを生クリームでデコレーションしてケーキのように仕上げていた」(28歳/ソフトウェア/技術職)

彼女のためのプレゼントを買うお金はないけれど、愛情は伝えたい。彼のそんな気持ちが伝わってくるような手作りのプレゼントや手紙に感動してしまう年上彼女は多そう。相手のことを思う気持ちを伝えるには、プレゼントの金額は関係ないんだなと思わせられますね。

ちょっと背伸びする姿がかわいい

・「私に誕生日プレゼントを買ったら、早くもその月ピンチになったらしく心配すると『武士は食わねど高楊枝』と言った。思わず笑ってしまった。そういうところがかわいいと思える」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「給料日前にお金がなくてひもじいとメールが来たのでお弁当を作ってあげたら感動してくれて、給料日後に花束をプレゼントしてくれたこと」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「お金がないのに誕生日だからといって東京でしか買えないお菓子を取り寄せてくれたこと。そのせいでお金がなくなったと冗談で言われた」(26歳/建設・土木/事務系専門職)

・「カッコつけようとして食事代を払ってくれそうになったとき。背伸びしている感じがした」(27歳/建設・土木/秘書・アシスタント職)

年下であっても男性としての頼りがいを彼女に見せるために頑張っている姿がかわいいと思う女性も。お金がないのはわかっているのに、デート代を出そうとしてくれるのは心配になるけれど大事にしてくれている気持ちが伝わってきますよね。「プレゼントを買ったら金欠になった」とおどけて見せる姿にキュンとしてしまう人も少なくなさそうです。

地味デートも楽しい

・「お金がなくていつも公園デートだった思い出、学生時代を思い出すしつつましいデートも悪くなかった。お金かければいいというものじゃない」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

・「家で、ホームパーティをしようという名目で安上がりにするためにスーパーで食料買うとき」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

・「実家暮らしなので車は運転できるのに、デートでサイゼリヤに行ったとき。まだ学生なんだなとかわいく思った。ドリアを美味しく食べておごってあげた」(28歳/情報・IT/技術職)

お金はないけれど二人っきりの時間を過ごせるだけで良いし、たまにはつつましいデートも悪くないなと思ったことがある女性も。学生同士のようなお金をかけずに楽しむデートもたまになら新鮮な気持ちになれそうだし、そういう気持ちにさせてくれる彼をかわいいと思う女性もいるのかもしれませんね。

お金をかけないデートでも楽しめるし、高価なものでなくても一生懸命考えてくれたプレゼントはうれしい。金欠年下彼氏と付き合うと忘れかけていた大事な気持ちを思い出せるような気がしませんか? もちろん、金欠で自分に頼ってばかりの男性なら女性としても愛想が尽きてしまうかもしれませんが「彼女に何かしてあげたい」という気持ちがわかれば、年上として優しく見守ってあげようと思えそうですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年3月にWebアンケート。有効回答数167件(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]