お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

男性に聞いた! 風邪のとき、彼女が自宅にきて看病してくれるのはうれしい?

ファナティック

彼が風邪で寝込んでいるなんて聞いたら心配になってしまいますよね。家族と一緒に住んでいるならまだしも、ひとり暮らしの彼なら食事や身のまわりのことができるか気になって看病に駆けつけたくなる、と思っても仕方がありません。ただ、彼女にとっての親切心、彼は「うれしい」と思うもの? そこで、社会人男性のみなさんにアンケートでこんな質問をしてみました。

Q.ひとり暮らしをしていて風邪を引いたとき、彼女が自宅まできて看病してくれるのはうれしいと思う?

「うれしい」……76.0%
「うれしくない」24.0%

<「うれしい」派の意見>

身のまわりのことをやってもらえるから

・「自分が身動き取れないときに助けてくれるのは、素直にうれしい」(34歳/自動車関連/販売職・サービス系)

・「身のまわりのことなど、自分で動くのはつらいので」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「風邪のときは何もやる気が起きないので助かる」(31歳/その他/専門職)

・「自分では体力が落ちているので、料理や洗濯をしてくれるとありがたい」(33歳/ソフトウェア/技術職)

風邪を引いているときは動くのもツラいほど熱が出ることもあるし、何をするのも面倒。そういうときに彼女が来てくれて料理や洗濯などをしてくれると、素直に「助かる」と思う男性は多いようですね。男性のひとり暮らしだと薬や食料なども十分そろっていないことがありそうなので、お見舞いがてら買い出しもしてあげると「助かった」と喜んでもらえそうです。

愛情を感じる

・「風邪がうつるリスクを冒してまで看病に来てくれる気持ちにグッとくるから」(34歳/自動車関連/販売職・サービス系)

・「体調崩すと気も弱くなるからそばにいてくれるとうれしい」(33歳/その他/専門職)

・「そこまで自分のことを想っていてくれていると感じられるから」(32歳/情報・IT/技術職)

風邪がうつるかもしれないリスクを冒してまで看病に来てくれる彼女のやさしさにグッとくる男性もいるようです。病気のときって気持ちもめいってしまうことも多いので、彼女が側にいてくれるというだけで安心できるのかもしれませんね。

<「うれしくない」派の意見>

ひとりでゆっくりしたいから

・「病気のときはひとりでゆっくりしたいので。彼女が来ると気を使うので」(38歳/その他/クリエイティブ職)

・「放っていてほしい。病気のときは静かに寝たいので」(34歳/情報・IT/技術職)

・「心配してくれるのはうれしいけれど、できれば誰にも気を使わずに独りで眠っていたい」(36歳/不動産/事務系専門職)

心配してくれる気持ちはわかるし、そのこと自体はうれしいけれど、風邪を引いているときはできればひとりでゆっくりと寝ていたいという男性もいるみたいです。彼女が来るとどうしても気を使ってしまうので、寝ているわけにもいかなくなるし、かといって起きているのもツラいし……というのが男性のホンネなのかもしれません。

風邪をひいたときはひとりで眠っていたいので彼女に来られてもうれしくないという男性もいるようですが、多くの男性は素直にうれしいと感じてくれているようですね。彼が何をしてほしがっているのか、何をしてほしくないのかをきちんと考えてから看病に駆けつけることができたら「気の利く子だな」と思ってもらえそうですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年1月5日~12日
調査人数:163人(22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]