お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

自慢したいだけでしょ、そのハデな恋愛癖や不倫の暴露って今必要!? 女子会でドン引きしたエピソード・4選

ファナティック

何かと共通の話題が多い女子たちが集まる女子会に、あなたはどんなイメージを抱きますか? 男性の目がないことをいいことに、ついえげつない話題で、盛り上がってしまうこともある女子会ですが、メンバーの中には不快な思いをしている人もいるかも。そこで今回は、女子会でドン引きした経験を、社会人の女性に聞いてみました。

男性がいなくてもお酒のマナーは守って

・「飲み放題なので、吐いて飲んでを繰り返す」(30歳/運輸・倉庫/技術職)

・「酒に酔って大暴れされたこと。止めるのが大変だった」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

今日は男子禁制、思う存分飲みまくるぞ! で楽しいお酒はいいですが、飲んで吐いてや大暴れは止めてほしいもの。加減を知らない非常識な人だと思われてしまう可能性も。

その暴露話、必要ですか?

・「おとなしそうな友達が、過去のハデな恋愛歴を暴露してきたとき」(33歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「不倫エピソードを堂々と話されたとき」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

意外性に一時は盛り上がるかもしれませんが、ふと冷静になったとき、この女性は信用できないと思われてしまう可能性もあります。うかうかと自分の恋愛相談はできない、危険人物に認定されてしまうかも。

うわっつらの女子会

・「女子同士の褒めあいと、言外のけん制はげんなりする。『○○ちゃんかわいいよー』『そんなことないよー』みたいなやつ」(26歳/印刷・紙パルプ/事務系専門職)

・「参加していない友人の悪口を、言いまくりだった女子会に参加したときは、ドン引きしました」(31歳/その他/その他)

女子会に妙に張り切った服装やメイクで来る人がいます。友達同士の気兼ねない飲み会というよりは、敵対心丸出しでなんだかギスギスした雰囲気。加えて参加しないメンバーの悪口を言っているようでは、自己顕示欲を満たすためだけの空しい集いになってしまうかも。

いきすぎた下ネタ

・「夜の話を具体的にしだしたとき。酒が入って声は大きいし、まわりに聞こえてる!!」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「下ネタとか、下品な話ばかりに終始している女子会に参加したときは、もうその女子会は行きたくないと思いました」(33歳/建設・土木/営業職)

誰も聞いていないのに、笑えない下ネタを提供する人も。反応に困るし、周囲の目は気になるし、楽しむどころではなくなってしまいますよね。お酒の勢いにまかせて過度な下ネタを連発しないよう気をつけたいですね。

まとめ

一見、仲よしグループの微笑ましい食事会に見える女子会ですが、そこには複雑な心境が渦巻いているようです。一度引いてしまう経験があると、あえてプライベートな大事な時間を、またそこに費やそうとは思わないもの。自分と波長の合わない女子会には、無理に参加する必要はないですよね。女子会は節度を持って、気の合う仲間と楽しむ最高の時間として、大切にしたいものです。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年2月2日~2月9日
調査人数:200人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]