お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

不毛な恋愛だと分かっていながら…… 恋は盲目だ! と思い知った瞬間

ファナティック

かっぷる昔から「恋は盲目」と言いますが、今も昔も、恋には人を変えてしまう力があります。人を好きになるということが、それだけ大きなパワーを持っている感情なのでしょう。今回は働く女性のみなさんに「恋は盲目って本当なんだな」と感じたエピソードについて聞いてみました。

なんでそんなオトコと……

・「友人が好きになった男性は、まわりからやめとけと言われるダメ男だったのですが、それでも友人はまわりの反対を押し切って付き合っていました」(31歳/その他/その他)

・「昔、好きすぎて相手の悪いところは見ないようにしていたことがあった」(27歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

・「まわりには評判がよくない人でも好きになったら、気にならない」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「お金づかいの荒い彼氏で、まわりから別れろと反対されたが、言うことを聞かず、私もかなり貯金を使ってしまった」(26歳/医療・福祉/専門職)

「素敵~!」と強烈に感じる部分が一つでもあると、ほかの欠点が見えなくなってしまう……。恋には非常に多いことです。そして、恋が終わった瞬間に、「なんであんな男を好きになっちゃったんだろう」とすごく後悔するんですよね。

その人の前だと「オンナ」になる!

・「友人の話で、以前はカジュアルな服装で髪の毛も短かったのに、好きな人が変わったのか、フェミニンな服装に変わって、髪の毛も伸ばして、見た目が一変した子がいた」(32歳/小売店/販売職・サービス系)

・「料理が嫌いな私ですが、彼と一緒に過ごすときは料理をがんばりがんばっちゃう」(23歳/建設・土木/技術職)

・「普段ズボラな感じの子がデート前に化粧などをしてキラキラしてたこと」(24歳/金融・証券/営業職)

・「自分がまったく興味がなかったことでも、好きな人が興味のあることにはすごく興味が出ること」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

本来の自分をも見失ってしまうのが、恋の怖いところ。自分が好きじゃないもの、興味のないものも、「彼のため」だったら、気にならなくなってしまうんですよね。これは良い方向に行けば、自分のプラスになりますが、誤った方向に突き進むと、あとあと自分の首を絞めることに……。

道ならぬ恋

・「不倫に何も戸惑いを感じないで、のろけられたとき」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「相手が結婚していることを知ってるのに、好きになってしまうこと」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「彼女持ちと別れるという約束で信じて浮気相手になった友だち」(29歳/その他/販売職・サービス系)

正常な倫理観が働いていれば、不倫も浮気もダメだということは分かるはずですが、分からなくなってしまうのが恋なのです。苦しい恋も、自分に与えられた試練だと勘ちがいしてしまうんですよね……。

まとめ

恋には人をプラスにもマイナスにも変える力があります。マイナスのほうに落ちてしまい、苦しみ、後悔しないためには、どんなに好きになった相手でも冷静に客観的な目で見ることを忘れてはいけません。恋は人を盲目にしてしまいますが、あとで後悔しないよう冷静に見極めるチカラを養いましょう! ……かんたんにそれができたら、苦労しないのですが(汗)

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年1月にWebアンケート。有効回答数160件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]