お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 恋愛

もしかして……実は迷惑? 女子に聞いた! サプライズが嫌いな理由3つ

ファナティック

誕生日や記念日にサプライズを仕掛けたり、仕掛けられたことがあるという女性は少なくないのでは? サプライズを仕掛けられたほうは驚いたり、泣いたりと大体の人が喜んでいるように見えますが、実際のところはどうなのでしょうか? 今回は、働く女性にサプライズについて聞きました。

Q.サプライズは好きですか?

 「好き」……58.1%
 「嫌い」……41.9%

サプライズが好きという女性が6割弱でした。やはり、女性はサプライズ好き? 次にどうしてサプライズが好きなのかについても聞いてみましょう。

<「好き」派の回答>

■するのもされるのも好き

・「相手が時間をかけて考えてくれたことがうれしいから」(31歳/学校・教育関連/専門職)

・「びっくりするけど、やっぱりうれしいし、するのもされるのも好き」(27歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

・「びっくりして喜ばせてくれるほうが刺激的で楽しい。私のためにいろいろ考えてくれたんだなというのが伝わってくるから」(24歳/食品・飲料/専門職)

サプライズのために誰かが準備してくれるのはうれしいし、自分が準備するのもワクワクするという女性は多いようですね。バレないように気をつけながら時間をかけていろいろと考えてくれたんだと思うと喜びもひとしお。喜ぶ顔を想像しながら準備している時間も楽しく思えるものですよね。

一方、気になるのは「嫌い」派の回答。「好き」より下回ったものの、4割の女性が「嫌い」と回答しました。詳しく見ていきましょう。

<「嫌い」派の回答>

■白々しく感じる

・「上手く感情移入して、泣いたりとかしてあげられない。けっこう気付いちゃうタイプだし、観察眼あるからすごく冷めて見てる」(30歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「こけるとイタイ。相手が頑張ったんだなーってサプライズほど、なんか白々しくなっちゃう」(30歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「わざわざ外国のまねをしなくてもいいのに……何が楽しいのかわからない」(33歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)
自分がサプライズを仕掛けられているということになんとなく気づいてしまうと反応にも困りますよね。

■派手なリアクションを期待されるのがイヤ

・「サプライズされるのは、リアクションがちゃんとできるか不安なので苦手」(26歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「あまりびっくりしなくても、びっくりした演技をしなくてはならないから」(32歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「喜ばなければいけない雰囲気を出されるので」(32歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

サプライズをしかけられたら派手なリアクションで喜ばないと空気が読めないと思われそう。でも、そんなリアクションができるかどうか心配だから止めてもらいたいという女性もいるようです。お祝いしてもらうのはもちろんうれしいけれど、喜び方まで強制されるような仕掛けは不要ということですね。

■恥ずかしい

・「恥ずかしくてだるい」(26歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

よくレストランなどで誕生日をサプライズで祝っている光景を目にしますが、サプライズをされたほうは注目の的に。恥ずかしがり屋さんにとってはもはや「罰ゲーム」でしかないという場合も……。

<まとめ>

「嫌い」派の回答で目立ったのが「リアクションに困る」という回答でした。感情を表に表せないタイプの人にとっては、喜びを派手に表現することを強要されるように感じてしまうサプライズはかなり精神的に負担になるようです。普通にお祝いしてくれるだけでよいのにと思っても、サプライズを仕掛けて盛り上がっている相手にそんなことは言えないもの。サプライズを仕掛けるときには、相手の性格をよく考えた上で実行するようにしましょう。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数172件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]