お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

「また会いたい」と思わせる! 2回目のお誘い必至の初デートテク4つ

ファナティック

気になる彼との初デートが決まってウキウキしているのも束の間。初デートでは2回目のお誘いをしてもらえるように、好印象を心がけたいもの。そこで今回は女性のみなさんに、次回のデートに誘ってもらえるデートテクについて、教えてもらいました。

<2回目のお誘い必至の初デートテク>

■お礼のメールをする

・「デートが終わったらお礼のメールする」(26歳/その他/秘書・アシスタント職)

・「デートのあとにありがとうメールを送って、『また一緒に出かけたい』と伝える」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「お礼のメールはすぐにする」(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

デートが終わったら、すぐにお礼のメッセージを送ると、相手に好印象を与えられるものです。相手もその気ならば、返信とともに次のデートのお誘いがあるかもしれませんね。

■楽しかったことを伝える

・「楽しかったことをデートの終わりにちゃんと伝える」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「楽しかったとか、言葉にしたら、きっとまた誘われると思う。感謝の気持ちも大事」(24歳/商社・卸/事務系専門職)

・「『楽しかった! 今度○○に行きたい』と、具体的な場所を指定」(25歳/情報・IT/技術職)

デートがとても楽しかったと、デートが終わるまでに相手に伝えておくと、相手からもいい返事を聞くことができるかも。また行きたいという言葉をつけておくと、相手も誘いやすくなるものです。

■行きたい場所の話をする

・「次に行きたい場所を伝えておくこと。向こうから誘いやすくなると思う」(25歳/食品・飲料/専門職)

・「行きたい場所や興味があることを具体的に伝える。『今週末に公開される◯◯って映画知ってる? 興味あるー?』と、探りつつ誘う」(33歳/金融・証券/専門職)

・「『次は○○に行きたくないですか?』と具体的にこちらから提示しちゃう!」(28歳/医療・福祉/専門職)

デートの最中に、行きたい場所などの話をしておくと、相手も次のデートが誘いやすくなります。自分の興味があることを伝えておくのもいいでしょう。

■長時間になりすぎない

・「早めの時間に切りあげて『もう少し一緒にいたいな』、と思わせる」(29歳/学校・教育関連/専門職)

・「1回のデートであまり長時間にならないこと。そうすれば、早くまた会いたいと思うから」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「その日にプランを立て込ませすぎない。ランチくらいがちょうど」(31歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

最初のデートは、あまり時間をかけないようにすることも、次のデートへのお誘いを受けるテクニックだと言えそうです。「もう少し一緒にいたい」と思うぐらいで切りあげるのがちょうどいいのかも!?

<まとめ>

2回目のデートのお誘いを受けるには、デート中に、「誘ってほしいアピール」をしておかなkればいけないよう。行きたい場所を伝えておいたり、楽しかったなどといったキーワードを伝えておくと、相手も誘いやすくなるものです。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2015年12月24日~2016年1月6日
調査人数:125人(22~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]