お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

女心って複雑! 心に土足でドカドカくる男性にコロッと落ちてしまった瞬間8選

ファナティック

カップル初対面なのにズケズケとした物言いをしたり、プライベートをしつこく聞きだすような男性っていますよね。物おじせずに心の中に土足で上がりこんでくるような男性は、好き嫌いがはっきり分かれそうです。そんな男性のことを「コロッと好きになってしまった」経験について、社会人女性の皆さんに聞いてみました。

■距離の詰め方が絶妙!

・「好きになってしまった経験がある。なれなれしいと心を開いてしまう」(33歳/金融・証券/専門職)

・「馴れ馴れしいが、なぜか受け入れてしまったことがある」(33歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「距離の詰め方が絶妙で、気がついたらその人のことが頭から離れなくなっていた」(28歳/金融・証券/事務系専門職)

「なれなれしいと心を開いてしまう」や「なぜか受け入れてしまう」など、そのなれなれしさに心を開いてしまったという経験がある女性もいるようです。距離の詰め方が絶妙だと、その人のことを意識してしまいますよね。

■私に対する優しさだ。と悟ったとき

・「私のことを思って叱ってくれたときに、少し感動した」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「私に対する優しさなのだ、と悟ったとき」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

・「落ち込んでいるときに、親身になって励ましてくれた」(32歳/医療・福祉/専門職)

心に土足で上がり込んでくるような男性は、言葉がきついことが多いですよね。でも「私のことを思って叱ってくれたんだ」と感動したり、優しさだということがわかると、一気に「気になる存在」になってしまうようです。

■ツンデレ!?

・「仕事で落ち込んだとき、散々ののしられたけど、最後にそんなところが魅力だと言われてキュンとした」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「散々こてんぱんに言われたあと、それでも自分は好きだと思ってる、と言われたとき」(31歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

ほかには「それってツンデレじゃ……」と思うような経験談もありました。散々ののしられて、悲しい気持ちになっているところへ「そんなところが魅力だ」や「それでも自分は好きだと思ってる」なんて言われたら、コロッと好きになってしまうかも?

心の中に土足で上がりこんでくるような男性のことを「コロッと好きになった」経験について、いろいろなエピソードが寄せられました。なれなれしさや、その奥に隠れた優しさを感じられるとキュンとする女性も多いようです。でも「罵った後に優しい言葉をかける」は、作戦としてちょっとズルいと思います!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年1月にWebアンケート。有効回答数129件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]