お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
デート・カップル

付き合って○日だけど、もう別れたい! 女性たちが語る赤裸々エピソード5選

新しい恋人ができたとき、気分が華やかになる女性は多いことと思います。ドキドキワクワクする関係に舞い上がる一方で、「あれ? 何かが違うかも……!?」なんて思ってしまった経験はありませんか? せっかく恋人同士になったけれど、すぐに別れたくなってしまったエピソードについて、女性の皆さんに語っていただきました。

■価値観の違い

・「クリスマスなどのイベントを大事にしないなど、付き合い方が合わなかった」(30歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「束縛が激しかった」(32歳/金融・証券/営業職)

・「全然話がかみ合わない」(33歳/その他/クリエイティブ職)

非常に目立ったのが、生活の中のあらゆる場面で、価値観の違いを感じてしまったという意見です。余りにも違い過ぎると、将来を考えるのも難しいもの。残念ながら、いずれ別れのときがやってくるのでしょう。

■内面にガッカリ

・「店員に横柄な態度をとっていた。人格を疑ったから」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「友達に自慢しまくる」(28歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「マザコンぽいと思ったとき」(32歳/自動車関連/事務系専門職)

付き合う前は狙った女性を落とすために猫をかぶっていても、恋人同士になった瞬間、本性がチラリ! 本性を見抜いてから付き合うのがベストですが、結婚前にわかって良かったです。

■体の相性

・「体の相性がイマイチ、つぎまたしたいと思えない」(31歳/医薬品・化粧品/営業職)

エッチが全てではないけれど、お付き合いする上で欠かせないポイントであるのも事実です。こればっかりは、事前確認も難しいもの。お互いの努力で、何とかなれば良いのですが。

■釣った魚に……

・「付き合った途端冷たくなった」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

こんな男性いるいる!と、思わずうなずいてしまった女性も多いのでは? こんなタイプの男性が将来的に優しくなる可能性は、限りなく低いと言えそうです。とりあえず、小悪魔的態度で翻弄(ほんろう)してみましょうか。焦って尽くしてくれるかも!?

■そこ!?

・「近くで見たら好きな顔ではなかった」(29歳/金融・証券/営業職)

・「彼がかなりの小食だった」(29歳/食品・飲料/技術職)

女性たちの意見の中には、明らかに事前の確認不足が招いた悲劇も……。特に「お酒が入って、つい勢いで」なんてときには、要注意! よーく相手を吟味してから交際をスタートしてくださいね。

イベント前や自分だけが取り残されたような気分になったとき、「恋人が欲しい!」と焦ってしまう女性も多いはずです。しかし焦って決めても、続かなければ余計な傷が増えるだけ……。焦る気持ちになったときほど、どうか冷静に相手を見極めましょう。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数150件(21歳~35歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]