お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

●●●も必要! 彼を虜にする魅惑のキステク4選

ファナティック

大好きな彼といつまでもラブラブな関係でいたいもの。だからこそキスのときは、彼を虜にするキステクニックがほしいですよね。今回は女性のみなさんに、彼を虜にする魅惑のキステクを教えてもらいました。

<彼を虜にする魅惑のキステク>

■くちびるのケアに気をつける

・「艶がありぷるぷる感のあるリップを使う」(29歳/電機/技術職)

・「くちびるの保湿には気をつけています」(30歳/情報・IT/その他)

・「うるおいをたっぷりセクシーに」(28歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

キスをする前にしっかりくちびるケアをしていないと、彼もキスする気にならないかもしれません。くちびるにグロスなどでうるおいをたっぷり与えて、ぷるぷるリップを作るのがオススメです。

■恥ずかしそうにする

・「恥ずかしそうにチュッとする」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「ちょっと恥ずかしがるそぶりをする」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「たまに、恥ずかしそうに自分からする」(32歳/食品・飲料/事務系専門職)

キスするときに少し恥ずかしそうにしてみると、彼のキスしたい気持ちに火をつけることもあるようです。「かわいいからもっとキスしたい!」と思わせることができそうですね。

■焦らす

・「焦らす。ちょっとずつキスをする」(22歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「ちょっと焦らした感じ」(31歳/金融・証券/営業職)

・「なるべく焦らすこと」(25歳/食品・飲料/専門職)

少し焦らすと、彼はさらにキスしたいと思ってしまうもの。一気にキスをするのではなく、少しずつ触れるようにキスを重ねていくと、彼のボルテージもマックスに!?

■濃厚に……

・「濃厚に彼の好きなようにする」(27歳/医療・福祉/専門職)

・「チューしながらセクシーにまとわりつく」(28歳/医療・福祉/専門職)

・「チュッと軽くしたあとに濃厚なキス」(26歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

思い切り濃厚なキスをすると、彼もキスに夢中になるかもしれませんね。キスに自信がないとなかなかできないことなので、上級者テクかもしれません。

<まとめ>

キスにはあまり自信がないという女性も多いようですが、キステクは何もキスをするだけがテクニックではありません。彼にキスしたいと思ってもらうために、彼を誘導するのも立派なテクニック。ぜひ挑戦してみてください!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2015年12月24日~2016年1月6日
調査人数:125人(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]