お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

なぜか理想とは逆のタイプに好かれる原因【イラストコラム】

ほそえあみ/OFFICE-SANGA

理想とは逆のタイプに好意を寄せられることってありますか? 文学青年が好きなのに、体育会系に告白されてもうれしいような悲しいような……。そもそもなんでそんなことが起こるんでしょうか? 働く女性たちに聞いてみました!

■勘違いさせちゃったから!

理想のタイプではないからこそ、ナチュラルに接することができる。それを相手が勘違いしちゃうということはよくあるみたいです。

■似た者同士だから!

根暗な自分は明るい人がタイプなのに、なぜか大人しい人に好かれてしまう……。まさに類友というやつですね。確かに似た物同士は一緒にいて楽ですけどね。

■自分とは逆だから!

真面目な自分は頼れる年上タイプが好きなのに、年下の草食系男子に好かれてしまう……。上記の「類友」とは逆のパターンですね。しっかり者で頑張っている姿が、年下男子にとって魅力的なのでしょうか。

■終わりに

理想の男性と出会うため頑張りたいですが、どこかで妥協も必要。ちなみに筆者の理想のタイプはプロレスラーのような超ガッチリ体型ですが、実際に結婚した相手はメタボ一歩手前でした。だ、妥協しすぎたか……。

文・イラスト ほそえあみ/OFFICE-SANGA

※この記事は『需要と供給が一致しない……なぜか理想とは逆のタイプに好かれる原因5選』を再構成しています。

お役立ち情報[PR]