お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

男性に聞く! 年上女性にときめいたのはどんなとき?⇒「男気を見せられた」「泣くのを我慢している」

カンナ マコ/OFFICE-SANGA

年上女性に興味がないと思っている男性でも、ふとしたときに、いつもとは違う表情を見せられてドキッとすることもあるのでは? そこで今回は、年上女性にときめいたのはどんなときか、社会人男性に聞きました。

■頼もしい姿を見たとき

・「自分についてこいみたいな男気を見せられた時」(36歳/情報・IT/技術職)

・「大人っぽく振舞っている様を見てカッコイイと思ったとき」(28歳/情報・IT/技術職)

・「頼れる面・論理的な面を見せてくれる人。親分肌への憧れが入って来るから」(35歳/金属・鉄鋼・化学)

年上は年上らしく、大人の知的な振る舞いができたら、同性が見てもカッコイイなと思いますね。異性に対するときめきというよりは、大人っぽい女性への憧れという感じでしょうか。女性の上司なら、こんなタイプが頼りになりそう。

■包容力を感じたとき

・「どんなことでも受け入れてくれる包容力にぐっとくる」(33歳/学校・教育関連/専門職)

・「懐の深さをみせられたとき」(34歳/機械・精密機器/技術職)

・「助けてもらい慰めてもらったとき」(31歳/金融・証券/販売職・サービス系)

まるで母性のようなやさしさで受け入れてくれたり、つらいときになぐさめてくれたりしたら、その包容力にグッとくるようです。大人になると、実の母親に甘えることもなかなかできないので、聖母のような年上の存在にときめくのかもしれません。

■年齢を感じさせない姿に

・「夏の薄着の時に意外とスタイルがよくて垂れてない、腰回りが締まっていた時」(36歳/機械・精密機器/営業職)

・「すごく前向きで明るい女性と出会った時」(33歳/情報・IT/技術職)

・「かわいい笑顔を見た時」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

30代以上になると、男性にとって年上女性=オバサンという見方が強くなるのかもしれません。それがベースにあると、笑顔がステキだったり、スタイルキープができたりしている人に対して、年齢を感じさせない驚きがときめきになるのでしょう。

■ギャップを見せられたとき

・「すこしドジだとギャップで可愛いと思ってしまう」(39歳/情報・IT/技術職)

・「泣くのを我慢している時」(37歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

・「弱さを見せたとき。守ってあげなくてはと思うから」(35歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「お酒を飲んで酔っ払っている時。顔が赤いのでかわいく見える」(31歳/機械・精密機器/事務系専門職)

女性でも年上なら自分よりしっかりしていて欲しいし、世の女性もそのつもりで日々頑張っているはず。でも、ふとしたときに緊張の糸が切れたり、甘えたり、お酒の席で酔った姿を見せたりすると、そのギャップにドキッとするようです。これは、女性にとっての年上男性でも同じかもしれません。

■まとめ

「年上女性にはときめきません」という人は少数派。おおまかに、年上らしい頼れる姿にときめくタイプと、年上らしからぬギャップにときめくタイプの2通りがいました。ふだんは知的で頼もしく、ときに弱さやスキを見せるのが、年下男性をグラッとさせる秘訣なのかも!?

(カンナ マコ/OFFICE-SANGA)

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数81件(22~39歳の働く男性)
※画像はイメージです

お役立ち情報[PR]