お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

好きだけじゃダメ! 後悔しない結婚をするために「彼ができる前から考えておきたいこと」とは?

ファナティック

恋愛なら、「失敗した!」と思ったら、やり直せばOKです。しかしいざ結婚となると……失敗のやり直しは簡単ではありません。できることなら、結婚前からできる限りのリスクコントロールについて、考えておきたいものです。結婚で失敗しないために! 彼ができる前の段階だからこそ、考えておきたいことってある? アラサー女性たちに聞きました。

■自分を見極めよう!

・「結婚しても、一人の人生になっても仕事をどんなキャリアを積んでいきたいか、どうするか考えておく」(33歳/その他/その他)

・「妥協できる範囲をあらかじめ考えておく」(25歳/その他/販売職・サービス系)

結婚相手を選ぶ際には、自分なりの「条件」を持っている方も少なくないはずです。わかっているようで、実はわかっていないのが自分のこと。何が譲れないポイントなのか、まずは冷静に見極めましょう。

■相手を見極めよう!

・「本当に子ども好きかどうか。見せかけの場合がある。うちの旦那はそう。他人の子はかわいがるが、育児は一切やらない」(33歳/その他/その他)

・「家事や育児など、自分がやってもらうことしか考えていないような男性は選ばない」(31歳/食品・飲料/その他)

いいな、と思う相手が現れたら、付き合う前の見極めも重要! アラサー女性の恋は、結婚を意識することになる可能性も大。結婚の条件に合致していなければ……残念ながら時間の無駄です。

■自分磨き

・「後悔しない人と結婚できる自分であるために、自分の理想の人や理想の生活とつり合いのとれる能力のある女性でいること」(27歳/その他/その他)

理想の相手に出会ったとき、「選ばれる自分」でいるための努力も忘れてはいけません。小さなことでも、できることから始めてみて。

■最後は……金!?

・「ある程度貯金はしておく。結婚してもそれは言わないでおく」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

夢のない話ですが、これが現実なのでしょう。結婚生活の全てを予測するのは、不可能なこと。しかしお金さえあれば、自分自身で進む道を決断する「自由」が手に入るはずです。女性にとっては稼ぎどき!の今だからこそ、胸に刻み込んでおいてください。

■経験者の声

・「彼がいなくてもできる趣味を持っておくこと。彼が全てでは重くなるし、結婚して子どもができると彼がいなくても独りで頑張らなければならないことも多いので、自分なりのストレス発散法や好きなことを作っておくことが大事かと思います。ついでに言えばお金がかからないものだとなおよしです」(33歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

非常に重い、経験者からの意見もありました。独身女性にとっては、目からうろこの意見ですね。結婚するからこそ、「自分」を大切にすることも重要なのでしょう。

■まとめ

彼ができる今だからこそ、考えておきたいことはいかがでしたか? とはいえ、こうした考えばかりに気を取られていると、ふとした瞬間のチャンスを見逃す可能性も大! あくまで自分自身の「予感」を大切にした上で、意識してみてはいかがでしょうか。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数411件(22歳~34歳の働く女性)
※画像はイメージです

お役立ち情報[PR]