お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

「いい男」って思った自分が恥ずかしい!! 一瞬で恋愛対象外になった、悪い意味でのギャップ7

一瞬で恋に落ちてしまう「いい意味でのギャップ」もあれば、一瞬で恋愛対象外になってしまう「悪い意味でのギャップ」もあります。そして、この「悪い意味でのギャップ」がなければ、いつだって恋人候補に躍り出ることは可能かも。そこで今回は、働く女性たちに、第一印象は良かったのに、一気に高感度が下がってしまった男性の「悪いほうのギャップ」を教えてもらいました!

■何も考えていない

・「真面目そうだったけど、頭の中が空っぽ。がっかりした。付き合ったけど、すぐ別れちゃいました。」(27歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)
・「かっこいいと思ったけどあまり中身がない。ペラペラだと思った」(32歳/通信/営業職)
・「楽しかったのは最初だけ。楽しくないと思って会わなくなった」(33歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)
・「いろいろ話がおもしろいと思ったら、実はワンパターンな内容ばかりだった。底が知れた。あんまり話しても楽しくないなと思った」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

どんなに見た目がタイプでも、趣味が合わなかったり話が合わなかったりすると、自然とフェードアウトしてしまいますよね。できれば、一緒にいて楽しい人と付き合いたいのは男性だって同じはず。これは、早めに見限れて、反対にラッキーだったのかも!?

■実はいやらしい人だった

・「万人受けしそうな人当たりのいい人だったのに、キャバクラ通いが趣味だった。そういう方向に人脈の広さを広げなくていいと思った。」(29歳/機械・精密機器/技術職)
・「爽やかな人だったのに浮気性なことがわかった。だらしないなと思った。」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)
・「仕事ができて誠実そうで素敵だと思っていたけれど、女好きで不倫をしていることがわかったとき。それまでは尊敬していたけれど、一歩引いてしまった。」(29歳/学校・教育関連/専門職)
・「真面目そうに見えて遊び人だった。信頼していたのに一気に裏切られた気持ちになって嫌いになった。」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

できれば、親しい男性のこういう面は見たくありません。ましてや、それがキャバクラ好きや浮気などの場合、聞かなかったことにしたいくらい……。また、「火のない所に煙は立たない」とも言うので、噂を前面的に信用するのも良くないかもしれませんが、噂にならないよう、日ごろから注意をしていたほうがいいようですね。

■態度が横暴

・「イケメンで友だちには優しいが、店員に対する言動が横暴。人として最低だと思い、プライベートであまり会わなくなった。」(26歳/情報・IT/事務系専門職)
・「イケメンが店員を罵っていた。ドン引きしたからかかわらないようにした」(26歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「見た目は優しそうなのに、モラハラ。そして人の悪口を陰でよく言う。う~ん、ちょっとなーと思った。特に何もなかった。」(32歳/不動産/専門職)
・「まわりの人に対しての言葉遣いが悪い。ドン引きした」(32歳/商社・卸/事務系専門職)
・「普段は優しいのに、家族に冷たかった。元々親しい感じではなかったが、距離は置くようになった」(30歳/生保・損保/専門職)

内弁慶で外面ばかりがいい男性も困り者ですが、こんなタイプも困ってしまいます……。男性でも女性でも、人によって態度を変える人は、冷たい目で見られがちだということを肝に銘じておきましょう。

■意外と男らしくなかった

・「見た目はかっこよくスマートな感じなのに、かなり優柔不断で情けないと感じたとき。残念だなぁ……と思い、それ以上踏み込まなかった」(31歳/医薬品・化粧品/営業職)
・「実は、人の悪口ばかり言う人。爽やかでいい人だと思っていたら、ネガティブ発言ばかりなので、ショックだった。」(32歳/食品・飲料/事務系専門職)
・「虫が出て大パニックになっている姿を見たとき。
運転中に焦っている姿を見たとき。やっぱり男性はどっしりとしていてほしい。神経質よりはちょっと鈍感くらいのほうがいいかもしれない。」(24歳/食品・飲料/専門職)

やはり、男性にはいつでもどっしり構えていてほしいと思うのが世の常。それなのに、女性より女性っぽかったり、クヨクヨされてしまうと、さすがに100年の恋も冷めてしまいます。虫に対する免疫は、どの男性にもつけてほしい所です。

■清潔感がない

・「かっこいいのに部屋が汚い。付き合ったら大変そうと思った。特にその後は発展しなかった」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「食べるのが汚い。音を立てて食べる。イライラした。そのあとはあまりお食事に行かなくなった。」(31歳/食品・飲料/技術職)
・「汗臭かった。最初何が臭いのかわからなかったが、近くを通るたびに酸っぱい匂いがして疎遠になった。」(33歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)
・「不潔だったこと。すごいスーツが似合っていて素敵って思ったけど、靴下に穴が開いたままだったり、汚いハンカチが出てきたり。恋人にはなれないと思ったので、注意できるくらいの友だちになった。治らなかったけど」(26歳/情報・IT/営業職)

仕事が忙しくて、家事に手を回すことができなかったり、掃除が行き届いていなかったりすることは、社会人男性であれば、ある程度は仕方のないことだと思います。でも、人に好印象を与えるには、清潔感は外せません! オシャレではなくても、自分の身なりには、多少気を使ってほしいです。

■細かいを通り越してケチ!

・「かっこよかったのに、ケチだった。一瞬で覚めました。」(27歳/その他/その他)
・「真面目そうな印象なのにギャンブル好き。元々の印象とちがったので、悪いほうにインパクトがあった」(32歳/情報・IT/事務系専門職)
・「優しくていい人だな、と思っていたけど、お金にがめつくて、お店で値切ったりしていた。正直ダサイな、と思った。そのときは恋人でしたが、その後もお金のことでいろいろあって(収入がなかった時期の私にお金を出すように要求したり)、結局別れました。」(28歳/印刷・紙パルプ/秘書・アシスタント職)
・「最初だけおごってくれて、二回目からは完全割り勘になった。小さい男だな、と思った。逆になぜ一回目だけおごってくれたのか不明だった。」(33歳/自動車関連/事務系専門職)

将来のことを考えると、金遣いの荒い男性も困りますが、その反対も困るかも……。節約・節制をモットーに暮らしていたら、心まで荒んでしまいそうです。それに、友人関係にも亀裂が入る可能性もアリ。そんな男性だとわかったら、静かにフェードアウトしちゃいますよね。

■〇〇がきっかけで豹変する

・「酒癖が悪い。旦那の友人です。普段は温厚で人がいいのに、私たちの結婚式の二次会で酔って私の友だちにねちっこく絡んできた。本人は飲むと記憶をなくすタイプのため自分が何をしたかも覚えていないようで、それ以来嫌いになりました。」(29歳/生保・損保/販売職・サービス系)
・「顔もかっこいいし背も高いし優しいし言うことない人だったのに、車のハンドルを握った瞬間にガラの悪い男に大変身した人。一気に冷めた」(23歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)
・「私に気がないとわかった瞬間、人が変わったように冷たい言葉を吐き捨てる。もう、会わない。あとにも先にもただの会社の人。」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)
・「ノリが良くて明るい性格だと思っていたら、感情の上がり下がりが激しくて一気に下がった。ギクシャクした。」(28歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

酒癖が悪い、車を運転しだした瞬間に人が変わるなど、ほかにもたくさんの「悪いほうのギャップ」は存在するようです。人によってギアがかかるきっかけはさまざまですが、その感情をうまくコントロールしてほしいのが、女子の本音かも……。

■まとめ

これらの「悪いほうのギャップ」に、当てはまることがなかったことを祈るばかりです。女性は男性のいろいろな所を見ています。もしかしたら、自分では気づかない「悪いほうのギャップ」があるかもしれません。「自分はパーフェクト!」なんて思わずに、不安があるのなら、信頼できる女友だちにこっそり相談してみるといいかもしれませんよ?

(マイナビウーマン編集部)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年11月にWebアンケート。有効回答数250件。22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]