お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

こんな風に言われたい! 女子がときめいたクリスマスデートでの告白5選

ゆみこーん

仕事・恋愛・ライフスタイルなど、「まわりの女子の実態はどうなの?」に迫ったコラムです。働く女子だからこそ気になっているあんなコトやこんなコトを毎日配信中!

男性から告白をされる瞬間って、やはりうれしいものです。それが意中の彼からならばなおさらのこと。片思いの彼とクリスマスデートの約束をしている人はちょっと期待してしまいますよね。クリスマスに告白されたことのある女子に、そのときのシチュエーションを聞いてみました。

人気レストランでの食事後に……

「会社の先輩から『彼氏いないなら、クリスマスに食事でも行かない?』と誘われたので、軽い気持ちでOKした。そしたら、私が前になかなか行けないと言っていたレストランを予約してくれていたんです! それだけでもうれしかったのに、帰り際に『俺と付き合ってくれる?』って。サプライズ後のさりげない告白に、もちろんOKしちゃいました」(26歳/建設)

いつも彼女を見ていた彼だからこそできた、サプライズクリスマスだったのですね!

きれいなイルミネーションを見ながら……

「クリスマスに残業でテンションが下がり気味の帰り道、同僚と一緒になったので駅まで一緒に帰ることに。途中きれいなイルミネーションを見上げながら歩いていたら、彼から「俺と付き合わない?」と突然の告白! あとになって、私の残業が終わるのをこっそり待っていてくれたのだと聞きました」(30歳/IT)

偶然だと思っていたら、わざわざ待っていてくれたなんて……彼のやさしさがうれしいですね。

同窓会で意気投合して……

「同窓会で、当時は仲のよい友だち程度だった彼と再会。その日は懐かしい昔話をしながら、今はお互い付き合っている人がいないということが判明。それなら……と、クリスマスに飲みに行くことに。ほろ酔いの彼から『実は高校のころ、好きだったんだ』と言われ、付き合うことに! ちなみにその彼、今は旦那さんです(笑)」(30歳/小売業)

同窓会での再会×クリスマスに告白、さらには結婚なんて……。女子の理想が詰まったシチュエーションですね。

ケーキのメッセージで……

「彼氏はパティシエ。最初は少し親しい店員とお客さんという間柄でした。しかし去年のクリスマスにケーキを買いに行ったら、注文する前に『はい』と渡されたケーキに『恋人になりましょう』というメッセージが! うれしくて『もちろんOK!』とその場で答えると、店員さんたちから拍手が。店ぐるみのサプライズだったようです(笑)」(29歳/音楽関係)

うらやましい告白ですね! 店ぐるみというのが彼の人柄のよさを感じられます。

高層ビルの展望フロアで……

「友だちから恋人になかなか進展しなかった彼と、クリスマスに展望台へ行くことに。イルミネーションでいっぱいの街を見下ろしながら、『俺たち、そろそろ恋人になってもいいんじゃない?』って彼がつぶやきました。思わず『そう言ってくれるのをずっと待っていたんだけど』と、本音が出ちゃいました(笑)」(31歳/広告)

女子は男性からの告白を待っていたりするもの。彼は、「きれいな夜景に背中を押された気がした」そうです。

まとめ

クリスマスの告白は思い出に残りますよね。「やはり告白はシチュエーションも大事」(27歳/金融)という女子が多かったです。あなたは心に残ったクリスマスでの告白はありますか?

※画像はイメージです

(ゆみこーん+プレスラボ)

お役立ち情報[PR]