お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ヘアカラー&アレンジ

毎回美容室を変える!? 究極のワザまで飛び出す、女子がやっているヘアの節約術

ファナティック

ヘアスタイルをキレイなままキープするには、こまめに美容院に通うことと毎日の地道なケアが欠かせませんよね。でも、美容院に頻繁に火曜となるとお金も時間もかかるので、何とか節約できないものかと頭を悩ませている人も多いのでは? そこで、今回は「ヘアに関する節約術」を女性のみなさんに教えてもらいました。

自宅でも丁寧にケアする

・「お家トリートメントを常に心がけて、美容院でのトリートメントは省く」(28歳/生保・損保/販売職・サービス系)

・「取りあえず日頃の気遣いでダメージを減らす。それが一番」(22歳/学校・教育関連/その他)

・「前髪だけは自分で切って節約しています」(31歳/その他/その他)

自宅でしっかりトリートメントをしてサロンでのトリートメントの回数をなるべく減らす、日頃から髪のダメージに気をつけて傷ませないことが一番という女性も多そう。傷んだ髪を元通りにするのにお金をかけるより、傷まないケアをする方が髪にとって良いのは当然だし、長い目で見ると安上がりですよね。

サロンの割引やクーポンサイトを活用

・「カラーのみだとシャンプー&ブロー代が別なので、必ずカット(シャンプー&ブロー代込)と合わせる」(30歳/情報・IT/事務系専門職)

・「クーポンを使う。前髪のためだけに美容院に行くことはない」(22歳/その他/その他)

・「初回限定のクーポンを使い、毎回美容室を変える」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「平日に行くとカット代が安くなるので、なるべく平日に行くようにする」(31歳/食品・飲料/技術職)

クーポンサイトで割引クーポンを探したり、美容院ごとに設定されているセット施術の割引を賢く利用するという女性も少なくなさそう。平日限定、初回限定などいろいろな制約があるものの上手に使えばかなり安くなるので、こまめに美容院に通いたいという人にはおススメの方法ですね。

ヘアケアグッズはネットやドラッグストアで安く購入

・「ヘアサロンでシャンプー類を購入するのではなく、ネットで購入すると同じものが多少安く手に入ります」(32歳/生保・損保/営業職)

・「ドラッグストアで安いヘアグッズを買う」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

サロン専売のシャンプーやトリートメントなどは質が良いことはわかっていても普通に売られているものよりお値段が高いので買うのを躊躇してしまうことってありませんか? でも、同じ商品でもネットで購入すれば少し安く手に入るので探してみない手はありませんよね。毎日使うものだけに少しでも安く買えるのは助かりますね。

まとめ

あまりお金をかけたくはないけれど、やっぱり髪のケアにも手を抜きたくない。そういう女性たちは、クーポンやネットなどを上手に活用して少しでも安く髪のケアをしているようです。美容院に行くときにちょっと時間をかけてクーポンを探したり、時間をやりくりして安くなる時間帯に予約を入れるなどはそれほど苦もなくできること。「お金がかかるから」とヘアケアを諦めてしまう前に、少しだけ工夫してみると思っているよりも安く手軽にヘアケアができるかもしれませんよ。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数150件(22歳~33歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]