お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ペットを飼っている友人にイラッとしたこと4選

ファナティック

街を歩けば、ペットと散歩している人に出くわすことが多いもの。それだけペットを飼っている人が多いということですよね。ただ、ペットを飼うときのマナーが悪いと、ペットを飼っていない人にとっては、迷惑きわまりないものです。そこで今回は女性のみなさんに、ペットを飼っている友人にイラッとしたことについて、エピソードを聞いてみました。

<ペットを飼っている友人にイラッとしたこと>

■ペットの話ばかりする

・「ペットの話ばかりされて退屈だったとき」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「会話ネタがペットの自慢ばかり」(28歳/機械・精密機器/技術職)

・「話したいことがあっても全部ペットの話題になってつまらない」(31歳/学校・教育関連/クリエイティブ職)

自分にとってはかわいいペットでも、友人からすれば、他人の子。子ども自慢をするのと同じように、あまりにもいきすぎた話は、相手に嫌な気持ちを与えてしまうよう。

■写真を見せられる

・「ひたすらペットの写メを見せられる」(28歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「いつもペットの写真を大量に見せられる。そんなに興味はないのに見せすぎは困るだけ」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「すぐ写真を見せてくる。スマホとか。うざい。こっちは動物は好きじゃない」(33歳/自動車関連/事務系専門職)

ペットの話と同じように、延々とペットの写真を見せる人もいるようです。1枚や2枚ならいいけれど、何枚も見せつけられると、正直反応に困るものです。

■服を汚される

・「飛びついてきて、服が汚れた」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「服を汚されたり、破かれてしまった。仕方ないけど……」(32歳/学校・教育関連/技術職)

・「ペットにおしっこをかけられたけど、着替えの服を貸してくれなかった。マナーとしてどうかと思うから」(33歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

ペットに服を汚されたり、破かれてしまったという人もいるようです。自分のペットが人に迷惑をかけてしまったら、フォローをするのが飼い主としてのマナーですよね。

■その他

・「犬がくさい。ずっと一緒に生活していると気づきにくいのかもしれないが、獣くさい部屋にずっといるのは苦痛」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「かわいいと言い張ること。おしっこをしてしまったエピソードをランチ中に話され気分を害した」(33歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「ムダ吠えされたら、『あらあらこの人嫌なのぉ~?』と失礼な翻訳をしてきてムカッとした」(28歳/生保・損保/事務系専門職)

動物のニオイというのは、飼っている本人は気づかないものですが、周囲からすると、かなりニオイがきつく感じてしまうこともあります。人を呼ぶときは、前持って説明をしておくことと、換気に気をつけるようにしましょう。

<まとめ>

見ているだけで癒されるペットですが、自分が好きだからといって、まわりも好きだとは限りません。相手が嫌いなものと考えて接するぐらいが、ちょうどいいのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです。

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数156件(22~34歳の働く女性)。

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE