お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

はい、アウト! 男性が思う最悪な「モテないオフィスファッション」4選

ファナティック

1日の多くの時間を過ごす職場では、できれば周囲の人から好印象を持ってもらいたいもの。そのためには、仕事に対する姿勢や接し方のほか、外見にも気を配る必要があります。そこで今回は、社会人男性が考える「最悪なモテないオフィスファッション」について教えてもらいました。

サイズ感は大事!

・「サイズが合っていない。それくらいはすべきだと思う」(28歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「ダボダボな感じのサイズオーバーな服。だらしなさが否めない」(35歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

サイズがあっていない服を着ていると、それだけでだらしなく見えてしまいます。カジュアルファッションではダボッとした服を着るオシャレもありますが、オフィスではNG。

着崩しているのはダメ!

・「着崩している。不潔に見えるから」(26歳/農林・水産/技術職)

・「制服をだらしなく着崩しているファッション」(33歳/機械・精密機器/技術職)

本人はオシャレのつもりでも、はたから見るとだらしなく見えてしまいがちなのが着崩し。特に、制服はきっちり着ることを前提にデザインされているので、それを着崩してしまうのはNG行為でしょう。

仕事に不向きなスタイル

・「ヒールの高い靴。実用的でない」(32歳/商社・卸/営業職)

・「場違いな服装やミニスカートなど」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「ラフすぎる格好。TPOがわかっていないと思うし、空気が読めない人物と思うので」(38歳/電機/技術職)

普段着としてはモテファッションでもオフィスでは「モテない」とされてしまう場合は多々あります。過度な露出や派手なもの、ハイヒールなどの動きにくいファッションはオフィスには不向き。職場に何をしに来ているんだ、と思われても仕方がないかもしれません。TPOに合わせたファッションができるかどうか、というのは大切です。

手入れが行き届いていないスーツスタイル

・「スーツが手入れされてない」(23歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「スーツがそろっていなく、しわくちゃである」(35歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

スーツはそれだけでキリッとして見えますが、きちんと手入れが行き届いてなければ一気に最悪なスタイルに。いくら高級なブランド物でも、自分に合っていなかったり、シワシワだったりすると、台なしです。

<まとめ>

普段はオシャレな「モテるファッション」でも、いざオフィスに入ってしまったら最悪の「モテないオフィスファッション」に様変わり、なんてことも珍しくありません。好印象を持ってもらうオフィスファッションに大事なのは清潔感とTPOをわきまえること、と言えそう。あなたのオフィスファッションは大丈夫ですか?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年11月にWebアンケート。有効回答数102件。22歳~39歳の社会人男性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE