お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 不調

看病はNG? 風邪のとき、男性が彼女に本当にしてほしいこと⇒「ほっといて 50.5%」

ファナティック

彼氏が風邪をひいて寝込んでいるときに、看病を喜んでくれるタイプなのか、それとも放っておいてほしがるタイプなのか、どちらかで悩んでしまいませんか? 男性は、風邪で寝込んでいるときに彼女にどうしてほしいものなのか、社会人男性に聞いてみました。

Q.男性に質問です。風邪で寝込んでいるとき、彼女にはどうしてほしいですか?

そっとしておいてほしい……50.5%
看病してほしい……48.6%
※その他を除く

風邪で看病をしてほしがるタイプ、そっとしておいてほしがるタイプでほぼ回答が分かれる結果になりました。「看病したい」と思う女性は多そうですが、なんと「そっとしておいてほしい」派の男性が若干ですが上回っています。看病は余計なお世話……? ひとまずそれぞれのタイプの意見を聞いてみましょう。

<そっとしておいてほしい派>

■気を使うから、そっとしておいて

・「相手にうつしたら悪いと思って、こちらが一層気を使うから」(36歳/機械・精密機器/営業職)

・「気遣いはうれしいがうつしたりが最悪だし、ある程度の時間は掛かることだからそっとして置いてもらったほうがいい」(35歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

彼女や他人への気遣いが癖になっているやさしい彼氏は、風邪をひいているときはそっとしておいてほしいと思うものなのだとか。「うつすかもしれないから、家に来ないで」と彼氏に言われたら、その言葉通り素直に行動したほうがいいのかもしれませんね。

■しっかり寝たほうが治りも早い

・「一人でしっかり寝たほうが速く良くなりそうだから」(32歳/学校・教育関連/専門職)

・「寝ていればその内治るので、放っておいてほしい」(33歳/電機/技術職)

看病すべきかどうか悩んだら、風邪の治し方を聞けば一番てっとり早いかも? 風邪の治し方には、人それぞれのこだわりが。看病してもらい栄養をたっぷりとって治す人もいれば、寝るだけ寝て、寝ながら治すという人もいます。

<看病してほしい派>

■看病してもらったほうが治りが早い

・「誰かに見守られたほうが早く治る気がするから」(28歳/情報・IT/技術職)

・「看病されると心身ともに元気になりそうだから」(37歳/情報・IT/クリエイティブ職)

寝て治す人もいれば、誰かに栄養たっぷりのごはんを作ってもらい、頭を冷やすものや着るものを交換してもらい、見守ってもらったほうがすぐ治るという人も。彼氏がこのタイプだったら「彼女の腕の見せ所」ですね。

■生活の細々したことをしてくれると助かる

・「一人暮らしなので、ご飯も洗濯も大変だから」(32歳/小売店/事務系専門職)

・「自炊とかきついし、気持ちがうれしいから」(37歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

つきっきりで看病してあげる時間がなくても、食事を用意してくれるだけでもだいぶ助かるという男性もいました。風邪をひいたときは買い物も料理も洗濯も掃除もままなりません。彼氏がこのタイプなら、仕事が忙しくても何か自分にできることで助けてあげたいですね。

彼氏が風邪をひいたとき、そばにいてあれこれしてくれる彼女を喜ぶ男性もいれば、逆にうっとうしいと思う男性も。ここの対応を間違えると後々の「自分の印象」に響く可能性が……。しっかりタイプを見極めて、彼氏の風邪に対処していきましょう!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年9月にWebアンケート。有効回答数105件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]