お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
コラム 片思い

突然テンションMAXに!? 男性の告白を引き出す、女性の絶妙な言動4選

自分から告白しない男子が多いと言われているこの時代、気になる男子からの告白を待ち疲れている女子も多いかと思います。
でも、どんな時代であっても、男子は男ですから、告白したくなっちゃうときがあります。
そういう瞬間に、気になっている男子と一緒にいれば、晴れて告白してくれてカップル成立ということになったりしますよね。
今回は、男子が告白したくてタマランと思っている瞬間に迫ります。
さっそく見ていきましょう!

1:デートの誘いに応じてくれたとき

「デートの誘いに応じてくれたときは、もう『告白したくてタマラン!』と思います。デートの約束をとりつけることができた瞬間って、天にも昇る気持ちじゃないですか」(27歳・IT)
たしかに、自分の望みがかなった瞬間って、だれだって天上天下唯我独尊的な気分になりますよね。
気になる男子からのデートの誘いに応じた直後「ねぇ、あたしのこと好き?」と聞くと、彼のほうから告白される……こういうことではないでしょうか。

2:仕事が波に乗っているとき

「仕事をしていたら、なにをやっても(なにもやらなくても)仕事がうまくいくときってありますよね? そういうときに、好きな女子に告白したい! と思います」(29歳・広告)
こちらもありがちなパターンですよね。
仕事が順調なときに、思わず告白して交際し、やがて結婚し……そのうち仕事がうまくいかなくなって離婚……という流れ。

3:ライバルの存在を感じたとき

「ぼくが気になっている女子のことが好きだという男の存在を知ったら、とにかく早く告白しなくっちゃ! と思います」(25歳・教材販売)
男子は女子の10倍ほどの闘争本能を持っていると言われます。
気になっている男子がなかなか告白してこないときは、ライバルの存在をちらつかせるといいという……とっても古典的にしてシンプルなお話です。

4:「彼女いる?」と聞かれたとき

「気になっている女子に『彼女いる?』と聞かれたとき、告白したい! と思います。でも実際には『いないよ』とそっけなく答えるだけで精いっぱいですが」(27歳・建築)
「好きな人いる?」と聞くことで、男をその気にさせて、とにかく告白しなくっちゃ! と思わせるのがうまい職業に、キャバ嬢があります。
それにしても男子の脳内って不思議ですよね。「好きな人がいるかいないか」という、ただの事実を聞いているだけにもかかわらず、速攻で「告白せな!」と思ってしまう男性脳の不思議。

いかがでしたか?
これからどんどん寒くなっていきます。
寒い季節に、告白されるのをひとりぼっちで待つというのもなんでしょうから、ご紹介したようなタイミングをうまく活用して、寒い冬をふたりでぬくぬくと乗り越えてみてはいかがでしょうか。

(ひとみしょう)

お役立ち情報[PR]