お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 片思い

男心をつかむ「酔ったときのモテしぐさ」4つ

ファナティック

たとえば会社の飲み会や合コンで、そんなに酔ってないのに「酔ったふり」をしてお目当ての男性にアピールすることってありませんか? さて、世の女性たちが実践している「お酒に酔ったときのモテしぐさ」にはどんなものがあるのでしょうか。社会人女性のみなさんに教えてもらいました!

<酔ったときのモテしぐさ>

■さりげないボディタッチ

・「ほろ酔いでさりげなくボディタッチ」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「ボディタッチを増やす。なんとなくドキドキされそうな感じがするから」(32歳/不動産/専門職)

・「ボディタッチをする。酔っ払ってのボディタッチは最強だと思うので」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

とても多かったのが「ボディタッチをする」という意見でした。シラフのときにはとてもできませんが、お酒の力を借りると自然にボディタッチができそうですよね。「酔っぱらってのボディタッチは最強」という声もありました。

■寄りかかる

・「眠そうにする、寄りかかる」(26歳/金融・証券/販売職・サービス系)

・「寄りかかる。男性は守ってあげたいと思うのではないかと思うから」(25歳/不動産/事務系専門職)

・「寄りかかるのが一番。自然だし、ボディタッチできるから」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

これも鉄板かもしれませんが「なんか酔っちゃったみたい」なんて言いながら男性に寄りかかるのも、モテしぐさのひとつのようです。寄りかかられたら男性はドキッとするし、さりげなくボディタッチができるのもいいですね。

■ろれつがまわらない

・「ろれつがまわらない。かわいい」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「ほどよくろれつがまわってないとかわいいと思う」(26歳/運輸・倉庫/営業職)

・「ボディタッチを増やして、ほんの少しだけろれつがまわらなくなる。男性は困ったようなしぐさや言動に弱いから」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

酔っぱらうとろれつがまわらなくなる人もいますが、何を言っているかわからないほど酔うのはさすがにNG。「ちょっとだけろれつがまわらない」くらいが、男性の心をギュッとつかめそうなモテしぐさと言えそうです。

■その他

・「『ほっぺ赤くなっているかな?』って聞いてみる。目が合うからアピールになりそう」(27歳/食品・飲料/専門職)

・「うるんだ目でちょっと首をかしげてみる。普段しっかりものキャラだとギャップがあるから」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

・「『暑い』と言って、顔を赤らめながら上着を脱ぐ。セクシーだから」(33歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

ほかには「ほっぺ赤くなっているかな?」と聞いたり、「うるんだ目で首をかしげる」という意見もありました。ほんのり酔っている様子を演出するのが大事なようです。「顔を赤らめながら上着を脱ぐ」は色気もあるので、男性からモテそうですね!

<まとめ>

「お酒に酔ったときのモテしぐさ」を社会人女性のみなさんに聞いてみたら、定番のボディタッチから上着を脱ぐなどの上級者テクまでさまざまなしぐさがありました。どれも「ちょっとだけ酔っている」のがポイントのようです。ベロベロになるまで酔っぱらっては台無しなので、適度なところでこれらの「モテしぐさ」を使ってみてくださいね!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません。

※『マイナビウーマン』にて2015年10月にWebアンケート。有効回答数155件(22歳~34歳の働く女性)。

お役立ち情報[PR]