お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

そんなこと考えてたの!? 男性が「キスの最中に考えていること」4つ

ファナティック

あなたは、キスの最中どんなことを考えますか? 彼のことを考えたり、はたまたなにも考えられずキスに集中したりすることもあるかも。しかし、男性のほうはどうやら、キスの最中に別のことを考えることがあるみたい。今回は、男性たちに聞いた、キス中に別のことを考えていたエピソードを集めてみました。

キスの最中に別のことを考えていたエピソード

1.おなかすいた

・「『おなかがすいたな』。生理現象だからしょうがない」(28歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「どうしてもおなかがすいて晩御飯どうするか考えていた」(29歳/医療・福祉/専門職)

考えてしまうのは「晩御飯どうしよう」という問題。おなかがすいているとそのことしか考えられなくなるのはわかるけれど、キスの最中でもあまり関係ないみたいです。

2.仕事のこと

・「仕事が忙しかったとき、つい仕事を考え続けたことがある」(28歳/建設・土木/技術職)

・「仕事のアイデアがひらめかないかと考えたことはある」(28歳/情報・IT/技術職)

・「仕事でイヤなことがあったときに、そればかり気にしていた」(31歳/情報・IT/事務系専門職)

仕事が忙しいと、そのことしか考えられなくなるもの。とはいっても、キスをしているときぐらいは仕事のことを忘れて集中してほしいと感じてしまいますよね。

3.そのあとのこと

・「かわいくてこのまま押し倒したいと思った」(34歳/運輸・倉庫/営業職)

・「この先まで行くべきかを考えている」(31歳/情報・IT/技術職)

キスをしたのはいいものの、このあと押し倒していいのか……と、その後のことについてあれこれ考えてしまうのが男性なのかも。

4.明日の予定

・「明日の用事について考えてしまっていた」(26歳/農林・水産/技術職)

・「そのあとの予定とか気になってしまった事がある」(39歳/情報・IT/技術職)

明日はなにかあるんだっけ、と予定に考えをめぐらせる男性も。キスをしているときはぼんやり考えごとをしてしまいがちなのかも。

まとめ

キスの最中に「おなかすいた」と考える男性はけっこう多いみたい。生理現象で仕方がないとはいえ、いまいち集中しきれていないのは彼女にも感づかれてしまうもの。キスをしているときぐらいは、彼女を喜ばせることに気持ちを持ってきてほしいですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年11月にWebアンケート。有効回答数107件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]