お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

もっともっと愛されたい!! 彼の愛がもっと深まるよう女子が実践していること3つ

ファナティック

大好きな人と付き合うことができたからといって、それで満足していろいろなことに手を抜き出してしまったら、きっと彼との関係は上手くいかなくなってしまいます。愛され続けるためには日々の努力が必要。惰性はNGです。そこで今回は大人の女性たちに彼にもっと愛されるために頑張っていることについて聞いてみました。

彼が喜ぶことをする!!

・「料理をたまに作ってあげる」(25歳/農林・水産/事務系専門職)

・「してほしそうなことを先回りしてやる」(24歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「肩を揉む、手を揉むなどスキンシップ」(24歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「付き合いが長くなってもおしゃれに一切手を抜かないこと、必要以上にくだけた対応をしないこと」(28歳/機械・精密機器/技術職)

料理を作ってあげたり自分を磨いたりすることによって魅力が増せば、彼の気持ちは必ず深まるはず。相手のことを真摯に考えれば、してもらいたいことがわかるはずです。

彼の気持ちを満たす

・「感謝の言葉を述べる」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「彼の興味のあることを一緒に楽しむようにしている」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

・「面白い話をして笑ってもらうこと」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

・「ダイエットを頑張ってもらっているが減っていたらすごく褒める」(33歳/その他/クリエイティブ職)

一緒にいて楽しい、気持ちが満たされる、と感じる相手を手放そうなどと誰が思うでしょうか?「絶対に誰にも渡さない」と彼に思ってもらえたら、すごく幸せですよね。

愛情表現を惜しまない

・「好きアピールを惜しまずやる。かわいくウザくなりすぎず子犬のようにする」(28歳/生保・損保/事務系専門職)

・「好きだって甘える」(29歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「前の恋愛のことよりあなたが良いと伝えること」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「普段LINEとか全然しないけど、頑張って毎日一言は送ってます」(27歳/金融・証券/営業職)

尽くしてあげることも愛情表現の一つではありますが、それよりもっとストレートな言葉や態度で気持ちを伝えることも大切です。男性って間接的な表現をくみ取るのがあまり上手くにですからね。

彼にもっと愛されるためには、日々の行動に気を配らなければなりません。何も考えずにただ彼に甘えるだけでは、いつか「面倒くさい」なんて思われてしまうかも。彼のことを本当に思うのであれば、彼が何をしてもらったらうれしいか、どう感じるのか、よく考えて行動しましょう。そういった努力により、彼の愛は一層深まるはずです。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数150件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]