お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 理想の未来をかなえる

え~、ランチに3,000円!? 他人のお金の使い方でびっくりしたこと9選

ファナティック

お金とどう付き合うかというのは、人によって差があるもの。収入が少なくても上手に貯める人もいれば、毎月出費ばかりしてしまう人もいますよね。いいか悪いかは別として、金銭感覚のちがいって、その人に対する見方にも影響することがあります。今回は、他人のお金の使い方にびっくりしたエピソードを女性たちに聞いてみました。

■高価なものを躊躇せず買う

・「10万以上するコートをけっこう即決で決めたとき。ほかにもけっこう洋服を購入しているようだったので、『すげーな!』と感じた」(32歳/自動車関連/事務系専門職)

・「高価な服でも一度着ただけでもう飽きて着ないこと。そして新しく次々と買う」(28歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「ゴルフクラブに10万円かけた上司。中古でいいのに、やはりこだわりがあるのかな。理解できない」(25歳/食品・飲料/技術職)

10万円以上するコートを即決で買ったり、ゴルフクラブに10万円もかけたりと、高価なものを買うときの決断力が理解できなかったという女性もいるようです。一度着た洋服は、飽きてしまって着ないという女性もいるようですが、まさに「着道楽」といった感じですね。

■日々のムダ遣いが多い

・「ランチに3,000円くらいかけている先輩がいたけど、もっと有意義に使わなくていいのかなと思った。たった1時間ちょっとの休憩時間に3,000円も使うのはもったいない気がした」(29歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「お金がないと言いながら、毎日スターバックスの飲み物を買ってくる同僚。少しはがまんしたほうがごほうび感もあるし、節約にもなると思う」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「銀行の時間外などの手数料を気にしないといっていた友人。私は絶対時間外手数料は払いたくないからダッシュでATMに駆け込むのに」(28歳/学校・教育関連/事務系専門職)

1日に使うお金を決めて節約している人は、毎日のランチ代やコーヒー代もシビアになります。たった1時間ほどのランチに3,000円も払ったり、決して安いとは言えないコーヒーショップの飲み物を毎日飲んでいたりというのは、ムダ遣いに感じてしまうようです。

■持っている以上に使う

・「預金残高が足りなくて引き落としができなかったり、カードが限度額で止まってたりすること。持っている以上のお金を使う神経がわからない」(30歳/通信/事務系専門職)

・「親に借金してまでも豪華な結婚式をあげる人は理解できない。年齢も関係するが、ある程度の年になったら、自分たちでできる範囲でするのが普通だと思っていたから」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「簡単にローンを組んで買い物すること」(30歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

お金がないからといってローンで買い物をしたり、限度額いっぱいまでカードで買い物をしたり。持っている以上のお金を使う感覚が理解できないという女性も多いようです。一生に一度のこととはいえ、親に借金してまで派手に結婚式をあげるというのも年齢によっては非常識な感じがするようです。

同年代の女性同士だと、ある程度給料の予想がつくので、「なんでそんなに使えるの?」と驚いてしまうのかもしれません。お金を使わないことがいいわけではありませんが、お金を使う前には、本当に有意義なお金の使い方なのかを考える必要がありそう。将来のことも考えながら、お金とうまく付き合っていきたいですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません。

※『マイナビウーマン』にて2015年10月にWebアンケート。有効回答数108件(22歳~34歳の働く女性)。

みんなが読んでる人気記事 理想の未来をかなえる